ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年4月8日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第35回
2022年4月8日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第35回

グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第35回

【週刊ホテルレストラン2022年04月08日号】
2022年04月07日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蔵が売るのは日本酒とそれを育んだ日本文化

島田 大利根酒造の「左大臣」という日本酒のネーミングがとても印象的ですが、どのような思いが込められているのですか

阿部 皆さんご興味を持たれるようです。実は、藤原氏時代の左大臣に由来します。左大臣は、天皇の次の位で、平安末期の左大臣、藤原常房の子で尾瀬に住んでいた尾瀬三郎の愛称「尾瀬の左大臣」にちなみ命名しました。

 名前の由来にはまだあって、宇宙の法則ではすべてが左回りとなっており、左は物事の雄(ゆう)なるものとされています。そこで地酒の中でも雄(ゆう)なるものになりたいという気持ちを “左 ”という意味を込めています。さらに江戸時代の言葉遊びで、大工は右手に木槌、左手にノミを持って作業するので、左手はノミを持つ手、つまり “呑み手 ”というわけです。

島田 それはとてもおもしろいですね。海外の皆さまに日本酒を説明するときに日本の文化や歴史とともに知っていただくことはとても大事ですし、そうしたストーリーが日本の宝になると思います。

阿部 現在、日本の文化は右を中心に置いていますが、どちらが良い悪いではなく、右、左を見据えてその先を見る必要があると思っています。今回私たちが 2021年 1月に取得した GI利根沼田は、同じようにわれわれの日本酒の先を見すえた取得と言えると思います。

島田 その GI取得について伺いますが、GIを取得する意味をどのようにお考えですか

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE