ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年6月17日号 トップインタビュー (株)名鉄ホテルホールディングス 代表取締役社長 岩瀬 正明 氏/ホテルインディゴ犬山有楽苑 総支配人 柳島 司 氏
2022年6月17日号 トップインタビュー (株)名鉄ホテルホールディングス 代表取締役社長 岩瀬 正明 氏/ホテルインディゴ犬山有楽苑 総支配人 柳島 司 氏

トップインタビュー 名鉄ホテルホールディングス 代表取締役社長 岩瀬 正明 氏/ホテルインディゴ犬山有楽苑 総支配人 柳島 司 氏

【週刊ホテルレストラン2022年06月17日号】
2022年06月16日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常に海の向こうを見てプレゼンス

----まさに五感を刺激するインテリアそしてお料理ですね。観光という視点でホテルの位置づけをどのように考えていらっしゃいますか。

岩瀬 犬山には犬山城天守閣や庭園・有楽苑内の「如庵」という二つの国宝はじめ、犬山成田山そして名鉄グループが運営する「博物館明治村」・「野外民族博物館リトルワールド」など、観光に資する施設があります。こうした魅力をホテルを通して発信することで新たな顧客を開拓していきたいと思います。

柳島 ホテルインディゴは、日本ではこれまでに箱根の強羅、軽井沢にて開業しています。強羅や軽井沢は観光地や避暑地として知名度が高いのですが、この犬山も強羅、軽井沢に続く観光地として知名度を高めていきたいと思います。それだけの歴史や文化、自然、という観光資源を持ち合わせている地域と考えております。そして何よりも人の温もりを感じられる土地であり、我々チームメンバーが訪れるゲストに発信していく事が重要と思います。

そのためにもチームメンバーとのエンゲージメントが不可欠です。チームメンバーが仕事に対してプライドを持ちポジティブで充実した心理状態であるよう日々働く環境を整えることが私の使命であり、彼らが自発的に自分の力を発揮するという貢献意欲を高めて働くことで、歴史や文化の魅力があるこの地域がさらに親しみやすいものになります。そして、結果的に観光地としての魅力や注目度を高めることができると考えています。最近はホテル離れが進み人材不足が課題とされていますが、ホテルは地域、そして観光活性化につながる「夢のある仕事」であることの認知も高めていきたいと思います。 
 
----犬山の地域ブランドを高めることで愛知県そして近隣含めた中部地区の観光振興に大いに期待したいですね。最後に今後の思いをひと言お聞かせください。

柳島 ホテルビジネスを遂行する喜びとして、常に海の向こうを意識してプレゼンスを発揮していきたいですね。地球の裏側にも通じる“世界の INUYAMA”を目指していきます。

岩瀬 ここ犬山が、日本を代表するデスティネーションの一つに進化していくことです。柳島総支配人の行動力と実行力に大いに期待し、犬山から愛知、そして中部地区の観光振興を実現させていきたいと思います。

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE