ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 9月から渋谷で44日間開催 Bar農!Farming & Brewing 2022
9月から渋谷で44日間開催 Bar農!Farming & Brewing 2022

9月から渋谷で44日間開催 Bar農!Farming & Brewing 2022

2022年09月26日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

44日間にわたり、22の酒蔵が日替わり店長として登場! 『Bar農!Farming & Brewing 2022』 ~「農」と「醸」と「サステナブル」を語らうPop-up日本酒Bar~

 原料の米作りから酒造りまでを一貫して手掛け、農業と醸造、そして消費者をつなげることを目的に22の酒蔵で構成された「農!と言える酒蔵の会」(幹事:関谷醸造(株)/愛知県北設楽郡設楽町田口字町浦22)は、日本酒の販路拡大・消費喚起に向けたイベント推進事業『Bar農!Farming & Brewing 2022』を2022年9月16日(金)~10月16日(日)、10月25日(火)~11月13日(日)全44日間開催している。
 

 『Bar農!Farming & Brewing 2022』
『Bar農!Farming & Brewing 2022』


 イベント期間中は蔵元自らが店頭に立ってお酒を提供する『酒蔵店長企画』や、マイグラス持参の方限定特典などのイベント限定企画を実施。

 日本酒になじみのない若者をメインターゲットに、古より日本酒酒蔵が大切にしてきた「数百年にわたる持続性」「自然との調和」「地域文化の重視」「地域経済への貢献」など、“サステナビリティ”や“エシカル”を共通言語に、日本酒の価値を蔵元自ら消費者に発信している。

【『Bar農!Farming & Brewing 2022』イベント概要】

■開催期間:2022年 9月16日(金)~10月16日(日)
10月25日(火)~11月13日(日) 全44日間
■営業時間:期間中15:00~22:00
■開催場所:渋谷ストリーム 1F「カクウチベース」(渋谷区渋谷3-21-3)
https://kakuuchibasepopup.musashiya-net.co.jp
■主催 :農!と言える酒蔵の会

8月25日よりオフィシャルサイトを公開し、「農!と言える酒蔵の会」SNS等にてイベントに関する各種情報を発信中。
◆『Bar農!Farming & Brewing 2022』オフィシャルサイト: https://bar-nou.com
◆「農!と言える酒蔵の会」SNS[#バー農]
・Instagram/Facebook/Twitter: @agrisakebrewery
・LINE: @772pjrpf


 

参加酒蔵のお酒
参加酒蔵のお酒


■「農!と言える酒蔵の会」会員一覧・酒蔵店長スケジュール
※酒蔵店長スケジュールは変更する場合があります。ご了承ください


【東北地方】

『美酒爛漫』
秋田銘醸株式会社(秋田県)
9月24日・25日

『刈穂』
秋田清酒株式会社(秋田県)
11月10日・11日

『一ノ蔵』
株式会社ーノ蔵(宮城県)
10月8日・9日

『仁井田自然酒』
有限会社仁井田本家(福島県)
11月7日・8日

『会津娘』
株式会社高橋庄作酒造店(福島県)
11月5日・6日

『彌右衛門』
合資会社大和川酒造店(福島県)
10月25日・26日


【関東地方】
『いづみ橋』
泉橋酒造株式会社(神奈川県)
11月12日・13日

『花の井』
株式会社西岡本店(茨城県)
10月4日・5日

『天鷹』
天鷹酒造株式会社(栃木県)
10月12日・13日

【中部地方】
『吉乃川』
吉乃川株式会社(新潟県)
10月29日・30日

『富士錦』
富士錦酒造株式会社(静岡県)
10月10日・11日

『蓬莱泉』
関谷醸造株式会社(愛知県)
9月16日、11月1日

『黒澤まると』
黒澤酒造株式会社(長野県)
11月2日・3日

【近畿地方】
『酒屋八兵衛』
元坂酒造株式会社(三重県)
9月26日・27日

『るみ子の酒』
合名会社森喜酒造場(三重県)
9月18日・19日

『櫛羅(くじら)』
千代酒造株式会社(奈良県)
9月20日・21日

『剣菱』
剣菱酒造株式会社(兵庫県)
10月6日・7日

『秋鹿』
秋鹿酒造有限会社(大阪府)
9月28日・29日


【中国・四国地方】
『竹林』
丸本酒造株式会社(岡山県)
9月22日・23日

『五橋』
酒井酒造株式会社(山口県)
10月14日・15日

『貴』
株式会社永山本家酒造場(山口県)
10月2日・3日

『稲田姫』
株式会社稲田本店(鳥取県)
10月27日・28日

本イベントは、国税庁の日本産酒類の販路拡大・消費喚起に向けたイベント推進事業「Enjoy SAKE!プロジェクト」の選定事業です。


 


【Enjoy SAKE!プロジェクトとは】
「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響による外食産業の落ち込みに伴う酒類消費の大きな減退に対応するため、酒類事業者による販路拡大や消費喚起に向けた各種イベントや情報発信について、実施及び実証分析を行い、有効な開催手法や形態に関するモデル事例を構築し、提供することを目的とした国税庁の支援事業です。

<本イベントにご来場のお客様へ>
日本国内における新型コロナウイルス感染症の発生に関しまして、当イベントでは、政府、自治体、関係諸機関等から示される正確な情報の収集に努めるとともに、感染拡大の防止に細心の注意を払い、予定通りに今後のイベントを実施して参ります。イベントにお越し下さるお客様におかれましても、手洗いやマスクのご準備、うがいなど、感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザや風邪等のウイルス性の感染症が多い時期ですので、 感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、以下の通りご協力をお願いいたします。

■発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
■感染防止の為、マスクのご着用をお願いいたします。
■手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
■お客様入場口に消毒用アルコールの設置をいたします。十分な感染対策にご協力ください。
■会場にて万が一体調が悪くなった場合、我慢なさらずに速やかにお近くのスタッフにお声がけください。

■新型コロナウイルスに関する最新の情報はこちらをご参照ください。

<内閣官房新型インフルエンザ等対策室ホームページ>
(新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について)
http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

<厚生労働省ホームページ>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

<外務省ホームページ>
https://www.anzen.mofa.go.jp/

<厚生労働省検疫所ホームページ>
https://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE