ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 書籍「サービスプロフェッショナルノート」出版記念セミナーレポート

書籍「サービスプロフェッショナルノート」出版記念セミナーレポート

2022年10月04日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスの想いと仕組み、導入方法をフレームワークと言葉で伝えている書籍「サービスプロフェッショナルノート」。今回は、書籍の著者 桧垣真理子氏による出版記念セミナーを、9月20日(火)、BAR FIVE Arrows (東京都新宿区西新宿1-13-1 今佐ビル6F)にて開催した。



イベントでは、著者 桧垣真理子氏によるセミナーと、パークハイアット東京やザ・リッツ・カールトン大阪の開業にも携わり、三井ガーデンホテル銀座プレミア、ホテル ザ セレスティン銀座の総支配人を務められた後に独立、現在はホテルコンサルティングの㈱アライブ・ホスピタリティ・デザインの代表取締役を務める中 弥生氏との特別対談も行なわれた。
 
はじめに、桧垣氏によるセミナーでは、下記6つの項目に沿って話が進められた。
① サービスとは?
② お客さまとしての体験を考える(ワークショップ)
③ サービスの質の決定要因
④ エンゲージメントとは?
⑤ サービスのフレーム
⑥ あなたのサービスのフレームづくり
 
桧垣氏は、サービスの想いと仕組みどちらも大切あることを語り、ヒルトンやリッツ・カールトンのサービスの現場での経験も踏まえた貴重な内容のセミナーとなった。
セミナーの最中ではワークショップも行なわれ、参加者同士が意見交換し、一緒に考える場も設けられた。
 
続いて行なわれたのは、ザ・リッツ・カールトン大阪開業から共にサービスの想いと仕組みに取組んできた中 弥生氏との特別対談。モデレーターは小社オータパブリケイションズ 執行役員 週刊ホテルレストラン 編集長の義田 真平が務め、「サービスの仕組みをどのように動かすか」をテーマに対談は行なわれた。
 
  
 
対談は、出会った当時のお互いの関係性や印象をはじめ、お互いに感じられる魅力や、これまで築いてきたサービスの仕組み化、チームメイキングやコミュニケーションの実践術などについて語られた。
 
2時間にわたり開催された桧垣氏によるセミナー、桧垣氏と中氏による特別対談の後は、希望者のみでの懇親会も行なわれた。
 
  

会場であるBAR FIVE Arrowsは、緑とアートに囲まれながら食事を楽しめるbar diningであり、ニューアメリカンキュイジーヌをコンセプトとした料理を提供している。伝統的なアメリカ料理に革新的な要素を求めて、他国の料理技術(主にフレンチの技術)を取り入れたのが始まりであると、長年ニューヨークで料理の経験を積んだ、シェフ 田中 宏治氏は語った。
 
 



 
 
同店で利用する食材は食品添加物を一切使用しておらず、素材の良さはもちろん、視覚や嗅覚など、五感で楽しめる食事である。ニューアメリカンのやさしく美味しい料理と共に、参加者たちの会話には花が咲いた。
 

ご購入はこちら↓
 https://ec.hoteresonline.com/products/list.php?category_id=16
 
 今回出版記念セミナーを開催した、桧垣真理子氏の著書「サービスプロフェッショナルノート」は、ホテリエとしてサービスに関わり、楽しさ、大変さ、やりがいを知り、著者が方向を模索していたときに出会った言葉「サービスプロフェッショナルであれ」という想いをタイトルに使用した書籍であり、サービスのフレーム、コミュニケーションや導入事例などわかりやすく、読みやすい内容となっている。
ぜひ、ホテルに限らず、サービスに関わる多くの方に読んでいただきたい。


​(左)中 弥生氏、(中央)桧垣 真理子氏
(右)小誌 週刊ホテルレストラン 編集長 義田 真平

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE