ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年10月7日号 トップインタビュー ABアコモ(株) 常務取締役 阿部 吉文 氏/クロス ホテルズ&リゾーツ(by FCTG)代表取締役社長 ハリー・タリワー氏
2022年10月7日号 トップインタビュー ABアコモ(株) 常務取締役 阿部 吉文 氏/クロス ホテルズ&リゾーツ(by FCTG)代表取締役社長 ハリー・タリワー氏

トップインタビュー ABアコモ(株) 常務取締役 阿部 吉文 氏/クロス ホテルズ&リゾーツ(by FCTG)代表取締役社長 ハリー・タリワー氏

【週刊ホテルレストラン2022年10月07日号】
2022年10月06日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

----2021年 7月に開業した「アウェイ沖縄古宇利島リゾート」を機に、クロスホテルズ &リゾーツのブランド展開を MCで行なっています。その経緯を交えながら、双方の展望をお聞かせください。

阿部 まず弊社はホテルオペレーターとして 2013年 5月設立しました。ビジネススキームは施設を所有するのではなく、投資家のアセットを MC(マネージメントコントラクト)契約にて運営受託しています。2011年の東日本大震災の復興需要で開業した「アコモイン気仙沼」からスタートし、トリフィート、グリッズ、ラ・ジェントなど、主にビジネスホテルカテゴリーの運営を行なっています。

19年にはアジア太平洋地区を拠点とするクロスホテルズ &リゾーツとフランチャイズ契約を締結し、リゾートホテルの「アウェイ沖縄古宇利島リゾート」を 21年に開業しました。弊社が運営するアセット数は既存 22施設、開発中を含めると32施設となります。

ハリー クロスホテルズ&リゾーツはフライトセンタートラベルグループ(FCTG)の子会社であり、本社はオーストラリアのブリスベンで上場しています。CHRはタイ・バンコクに本社を構え、アジア太平洋地区でホテルを展開するグローバルなホテルマネジメント会社です。

CHRは “Luxury by Design”&“Lifestyle”は主なコンセプトとして、展開する五つのカテゴリーはアップスケール以上となります。5ツ星クラスの「Cross」、トレンディーそしてアクティブな「Cross Vibe」、体験型「Away」、明るい滞在の「Lumen」(コンバージョン用のブランドとして誕生した)、個性的なホテルを厳選した「CROSS COLLECTION」の 5ブランドです。ビジネスモデルは、運営を一手に請け負うマネージメントコントラクト(MC)、運営ノウハウを提供するフランチャイズ(FC)、海外からの集客支援を中心とするマーケティングパートナーシップ、コンドミニアムとホテルのタイムシェアのコンドテルアグリーメントです。日本では主に MCとFCを展開していく考えです。MCは弊社の全ブランドが対象、FCは Crossブランド以外展開が可能です。

 なお 100%出資の親会社は、オーストラリア証券取引所 ASXに上場するフライト・センター・トラベル・グループグループ(以下、FCTG)です。同社は世界最大級の先進的な旅行会社であり、世界中に広がる多様な販売網をもち、交通、ツアー、ホテルマネジメントソリューションにおける優れた旅行手配実績を持っているグロバールパワーハウスの旅行企業です。航空および交通インフラ、およびツアー、ホテルなど旅行全般の取り扱いがあり、全世界で 40ブランド 2000店舗以上を展開し、年間利用者数は 2000万人以上にのぼります。
 
阿部 開業からの約 9年間、年間 4施設のペースでホテルを開業してきました。しかし近年、アパホテルが 1000室規模のホテルを各地で開業し、東横インは 30万室超となるなど規模を拡大しており、料金やロケーションで厳しい競争に巻き込まれるようになっています。この競争に勝つには企業の体力も必要ですし、オーナーの利益につながるかも疑問です。そんな矢先に新型コロナウイルスのパンデミックが起こりました。現在、コロナ禍でわれわれが生き残っているのはMC契約という運営形態が大きいと思います。

 そうした逆風が吹く中で、アフターコロナに向けてわれわれがもっと大きく成長するために何が必要か考えました。それは新しいエネルギーを取り入れること。そして今回のクロスホテルズ&リゾーツとの提携に至りました。今回、マスターフランチャイズ契約を結んだブランドは「Away Resorts」と「Cross Vibe」となります。
 
----クロスホテルズ &リゾーツは今回、日本初進出を果たしましたが、御社との提携による強みをお聞かせください。

ハリー クロスホテルズ&リゾーツの強みは、世界レベルの流通の柱ホスピタリティーソリューションを持っています。ホテル独自の流通とFCTGの連携を集客や顧客満足に生かすことができるという点です。FCTGの予約サイトはチャネルによる優先順の保証を生かし、ファミリーファーストという考えのもと、例えば沖縄のホテルを検索したときにクロスホテルズ &リゾーツのブランドが一番上に表示されます。

また、FCTGの他のトラベルブランドと組んで、ホスピタリティビジネスの運営を充実させるための総合パッケージカスタマイズされたコンサルティング・アプローチにより、ベストな結果を提供できるように、お客さまのニーズに合わせたサービスを提供しています。五つのブランドを展開することで、ホテル同士の最小限のカニバリゼーション(共食い)を防ぐ戦略で、すべてのステークホルダーの win-win戦略を考えています。アテンション&ケアと手厚いサポートとアクセスのし易さを提供し、社内の方針として、最高責任者と直接話せることを重視しています。さらに、お客さまのニーズに合わせて柔軟に対応できるフレキシビリティーも強みと考えています。

 

週刊ホテルレストラン最新号
2023年01月27日号
2023年01月27日号
本体1,650円(税込)
【特集】年頭所感2023
【トップインタビュー】
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 執行役員 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
2023年1月6-13日号 スペシャルインタビュー 森トラスト(株) 代表取締役社長/森トラスト・ホテルズ&リゾーツ(株) 代表取締役社長 伊達 美和子氏
2023年1月6-13日号 スペシャルインタビュー 森トラスト(株) 代表取締役社長/森トラスト・ホテルズ&リゾーツ(株) 代表取締役社長 伊達 美和子氏
2022年12月23日号 トップインタビュー ヒルトン広島総支配人サミュエル・ピーター氏
2022年12月23日号 トップインタビュー ヒルトン広島総支配人サミュエル・ピーター氏
2022年12月16日号 トップインタビュー インターコンチネンタルホテル大阪 総支配人 アレックスポーティアス氏
2022年12月16日号 トップインタビュー インターコンチネンタルホテル大阪 総支配人 アレックスポーティアス氏
2023年1月20日号 トップインタビュー ヴィソンホテルマネジメント(株) ヴィソン ホテルズ 総支配人 宮崎 大介 氏
2023年1月20日号 トップインタビュー ヴィソンホテルマネジメント(株) ヴィソン ホテルズ 総支配人 宮崎 大介 氏
2022年11月25日号 トップインタビュー  オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三 氏
2022年11月25日号 トップインタビュー オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三 氏
CLOSE