ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • JR東日本  シーサイドホテル芝弥生跡地にラグジュアリーホテル入居!竹芝ウォーターフロント開発計画
JR東日本 

シーサイドホテル芝弥生跡地にラグジュアリーホテル入居!竹芝ウォーターフロント開発計画

2016年07月22日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージパース(浜離宮恩賜庭園側外観)
イメージパース(浜離宮恩賜庭園側外観)

以下リリースのとおり。
 
○浜離宮恩賜庭園への眺望や水辺の潤いなどの自然環境と交通の利便性を生かし、ラグジュアリーホテル、オフィス、商業施設を新たに展開し、観光・ビジネスの拠点を目指します。
○劇団四季の劇場とその周辺に屋外広場を設け、人々が集い、交流できる空間の創出を検討しております。
○地元、行政および企業等と積極的に連携を図り、竹芝エリア全体の賑わいの創出に寄与していきます。
 
 
1.本計画における整備方針
建物全体は、歴史ある浜離宮恩賜庭園の豊かな緑、東京湾の海風等の自然環境を感じられるテラスをまとった象徴的なデザインとし、竹芝エリアの新たな顔をつくります。
 
(1)新たな観光・ビジネスの拠点をつくり、新たなライフスタイルを提案します
①ホテルビジネスはもちろん、四季劇場の観劇や観光の拠点として地域の賑わいに貢献できる、インターナショナルブランドと提携したラグジュアリーホテルの開業を予定しています。
②オフィス東京駅、品川駅、羽田空港へのアクセスが抜群のオフィスも新たに誕生します。テラスを活用した自然環境を感じられる新しいオフィス空間を演出します。
③商業観劇前後の待ち合わせやお食事、観光、ビジネスでご利用できる、利便性高く活気ある商業施設を展開します。
 
(2)文化・芸術の発信を通じて、竹芝エリアの価値向上を目指します
①劇場長きにわたり、上質な文化を発信してきたJR東日本アートセンター四季劇場[春]・
[秋]を2017 年6 月末に一時休止し、劇団四季の劇場の新設を検討しています。
②屋外広場浜離宮恩賜庭園を借景とし、水辺とシームレスに繋がる象徴的な屋外広場を整備し、人々が安らげる心地よい空間を提供いたします。
 
(3)地元・行政・企業等と積極的に連携し、竹芝エリア全体の賑わいを創出します
地域との連携や竹芝エリアの新しい魅力づくりに寄与するようなイベント等を積極的に実
施し、竹芝エリア全体の賑わいの創出に取り組みます。
 
【計画地】

※北側(矢印)から見た計画地
※北側(矢印)から見た計画地

2.今後のスケジュール
2016 年7 月末 シーサイドホテル芝弥生閉館
2017 年6 月末 JR 東日本アートセンター四季劇場[春]・[秋]一時休止
2020 年春以降 順次開業予定
※現時点での計画であり今後変更となる可能性があります。
 
3.建物概要
事業主体 東日本旅客鉄道株式会社
東京都港区海岸1 丁目22-1 他
ホテル、オフィス、商業、劇場、駐車場
敷地面積 約23,000 ㎡
延床面積 約103,000 ㎡
高層棟 地上26 階、地下2 階
劇場棟 地上5 階、地下1 階
駐車場棟 地上10 階、地下1 階
 
※現時点での計画であり今後変更となる可能性があります。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年05月29日号
2020年05月29日号
本体1,650円(税込)
【特集】2020 クライシスマネジメント最前線 PART3

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE