ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 連載62 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 社長! インスピレーション働かせてくださいね。
連載62 連載62 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場

社長! インスピレーション働かせてくださいね。

【週刊ホテルレストラン2016年09月16日号】
2016年09月16日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱スプリングフィールド
代表取締役
桃井文子
〈プロフィール〉岡山市の老舗旅館、岡山石山花壇(現在のザ マグリット)の宴会営業スタッフとして入社。その後、婚礼部門を強化するプロジェクトを成功させ、年間2 組から339組までを達成したのは業界でも有名。同社にてウェディング・プランナー、マネージャー、支配人、営業企画室長、役員として活躍。また、関連会社 グレート:プランニングにてコンサルタントとして、12 年間、全国の数々のホテル、結婚式場の再生、婚礼強化に携わる。プランナー教育、マネージャー教育、経営者の良きアドバイザーとして定評がある。平成23 年、スプリングフィールドを設立。経営コンサルタント、衣裳・美容の内製化支援、式場のプロデュースを中心に現在活動中。2013 年5 月には、ニューヨーク支社を設立し、現地でもパーティーやイベントを手掛け、日本のウエディング、パーティーを広める活動もしている。

今回は発想力の原点でもあるインスピレーションについてです。日々の目まぐるしい仕事や生活の中ではっとさせられるような考えが頭の中をよぎる瞬間が誰しも経験があると思います。このインスピレーションがどのように仕事に関係していくのかを考えてみたいと思います。

 
 インスピレーションとは「直感的にひらめく」とか「瞬間的な思いつき」などが挙げられます。特に物事を考えたり、会議などで話し合っているときにふっとひらめいたことなどが皆さんもあると思います。私はこの瞬間、とても大事な新発想のヒントがあると思うのです。
 
 例えば鈍感な人はこのヒントに気がつかないのです。いつも人との関係や周りの情報に敏感でないと経営者は面白い発想もできません。
 
 先日、飛行機の機内でたまたま見たTV でロサンゼルスのダウンタウンにあるレストランが紹介されていました。このレストランは「パティナ」というレストランで、インスピレーションを働かせながらアメリカの料理の概念を超えた料理を提供しているレストランです。カリフォルニア料理の先駆者でもあり、盛り付けの芸術性や食材の新鮮さ、オーガニックにこだわっています。またレストランの内装はとてもシンプルに作られています。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月14日号
2022年01月14日号
本体3,300円(税込)
【特集I】アフターコロナの大予測 #1「SDGs」市場
【インタビュー】
(株)帝国ホテル 代表取締役常務 徳丸 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE