ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レストランオープン情報  フレンチ創作料理 桜新町  NEIGHBOR ネイバー
レストランオープン情報  フレンチ創作料理 桜新町 

NEIGHBOR ネイバー

【週刊ホテルレストラン2016年09月16日号】
2016年09月16日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星空の黒牛 オクラ おかひじき ミョウガ2,400
北海道釧路のブランド牛「星空の黒牛」のイチボを低温調理し、フォンドヴォーソースでいただく。野菜は赤オクラと島オクラの色の違いを際立たせ、ミョウガやおかひじきなどの和野菜を組み合わせている。

インパクトのある創作フレンチと
ライブミュージックが楽しめる空間
 
 田園都市線桜新町駅北口から桜並木が続く町並みを歩いて4分、水車がある建物の1階が「ネイバー」。「“となり”という店名は、ふらっとだれでも立ち寄れる場所にしたいから。お酒だけでもご利用いただけます」とマネージャーでバーテンダーの神和昇氏。料理に腕を奮う生田卓也シェフは「特に野菜を厳選して季節感のある、インパクトのある料理を楽しんでいただきたい。メニューには素材だけしか明記していませんので、供したときのお客様の驚く様子が楽しみ。味には和のニュアンスを加え、器は多治見の陶芸家・安藤政信氏の銀彩の皿に盛っています」という。パティシェの濱脇瑞季氏も美しいデザートに、ライブ担当の原田祥之氏、河原真氏も人気ミュージシャン登場に尽力する。自分の得意なことに楽しみながら最善を尽くすスタッフの情熱が、居心地のよい雰囲気の底に流れている。

フォアグラ とうもろこし1,600円
一見するととうもろこしをそのまま焼いたようにみえるが、実はとうもろこしの芯をくりぬき、中に焦がし醤油で味をつけたファアグラのテリーヌが詰めてある。とうもろこしの皮を飾ってあることもあり、焼きとうもろこしを連想させる。

料理長の生田卓也氏。
ヴィンテージ風の木材やレンガ風タイルを壁面に使ったNYブルックリンスタイルのインテリア。奥にピアノが置かれたステージがある。テーブル上のLPレコード盤デコレーションプレートや手ぬぐいのナプキンがおしゃれ。(

東京都世田谷区桜新町2-26-2-1F Tel.03-6432-6895
neighbor-live.jp
営業時間
ランチ 11:30〜15:30(ラストオーダー15:00)
ディナー 18:00〜23:00(ラストオーダー22:00)
バー 金曜日のみ 22:00〜5:00
定休日月曜日
ランチコース1,500円
ディナーコース5,000円、7,000円、ライブ限定3,000円
アラカルト豚のリエット・パン800円
ワイングラス800円〜、ボトル4,000円〜
アルコールカクテル100種以上
席数30席(カウンター4席) 個室なし
サービス料なし
クレジットカードMASTER、VISA
経営株式会社音色
開業2016年7月1日

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月14日号
2022年01月14日号
本体3,300円(税込)
【特集I】アフターコロナの大予測 #1「SDGs」市場
【インタビュー】
(株)帝国ホテル 代表取締役常務 徳丸 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE