ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 028 品ぞろえとはニーズの受け方だ
028 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

028 品ぞろえとはニーズの受け方だ

【週刊ホテルレストラン2017年01月06日号】
2017年01月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のポイント
品ぞろえとはニーズを受けた形
相手を理解するフィルターを持とう

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など
 

 
 商品・サービスの購入は価値/価値で決まる。得られる価値に対し妥当な価格と思えるものをお客さまは選択する。幅広いお客さまから選んでもらえる存在になるには、一人一人異なる欲求をどう受容していけるかにかかっている。いま一つ客数が伸びない、客単価が上がらないなどの結果は、ある層のお客さまの受容はOK だが他の客層の受け入れの不慣れさによる。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE