ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 宮北結僖  「ロボットにならない人材を育てる」 第2回『お客様に信頼と安心を与える 声の出し方』
第2回 宮北結僖  「ロボットにならない人材を育てる」

第2回『お客様に信頼と安心を与える 声の出し方』

2017年03月15日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■宮北結僖(みやきた ゆき)プロフィール
株式会社 心に響く話し方 代表取締役  http://www.genkyo.net
一般社団法人日本心に響く話し方協会 代表理事  http://www.genkyo.jp
【略歴】
西田敏行・緒形直人率いる劇団青年座を経てTV・舞台等で活躍
(役者名:宮北由季)20年の俳優実績と2000組のブライダル司会者の経験を生かし、現在「言響(心に響く言葉で話す)スクール・セミナー」を主宰。
「実践型体感スクール」として定評がある。個別レッスン・言響表現塾・言響インストラクター塾をベースに「内容以上に、心を伝える話し方」を東京・大阪・福岡で指導。各地より受講生が集まる。
著者/ 「お客様の心に響く話し方」(BAB出版)
「話し方お悩みカイケツアドバイス」(あさ出版)

AIにはAIにしか、人間には人間にしか出来ない事がある。
AIと戦うのではなく人間にしか出来ない仕事をする。
 
前回より連載で書かせていただいております。
今回は「人間にしか出せない 声の出し方」
たったこれだけを意識するだけで お客様との距離はぐんと近くなります。
 
それは
『お客様と同じトーンの声を出す』
ということ。
 
高い声でお話されるお客様には自分も高めの声で。
低い声のお客様には低めの声で。
 
これはスピードも一緒です。
早口の方にはこちらも早口で。
ゆっくり話す方にはゆっくりで。
 
これだけです。
お客様が早口なのに、こちらがゆったりだと
お客様はイライラします。
 
逆にお客様がゆったりお話しされるのに、
こちらが早口だと追い立てられている感じがします。
 
次に安心感を与える声の出し方。
口の前に手をあててください。
 
1.熱いスープを冷ます「ふー」という息を吹きかけ その際 手のひらにあた
る温度をチェックしてください。
 
2.同じく、手を温める「はー」という息を吹きかけ 同じくチェック
 
どちらが「温かい」ですか?
 
 
はい、2番目の「はー」ですよね。
これが俗にいう腹式の声です。
 
腹式で話すと
・自分の思いが相手に伝わりやすくなる
・深みある声になるので、安心感を与える
というメリットがあります。
 
ゆえに、話す際 時々口に手をあてて 
手を温める「はー」と同じ温度の息が出ているか チェックしましょう。
 
ではその温かい声を出すためにはどうしたらよいか?
1.丹田を引き上げる
おへその指2本分くらい下のツボ「丹田」ここを引き上げます。
 
わからなかったら肛門をしめてください。
その時に下腹がしまりますよね? その感覚です。
 
2.喉をあけてください
あくびのような喉・うがいをする時の喉です。
どちらも喉に力が入っていません。
 
この2つを意識して声を出してください。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE