ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.1 カトープレジャーグループ 代表取締役 兼 CEO 加藤 友康 氏
Vol.1 2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.1 カトープレジャーグループ 代表取締役 兼 CEO 加藤 友康 氏

レジャー事業に大切なプロデュースワーク

【週刊ホテルレストラン2017年01月06日号】
2017年01月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トータルプロデュース」がキーワード
 これからのレジャー事業は、国が掲げる観光立国の推進に大きな役割を担っていきます。カトープレジャーグループでは、ホテル、フードサービス、スパ、ラグジュアリーリゾート、公共リゾート、エンターテインメントなど、総合的なレジャー事業開発の実現を基幹コンセプトとして「トータルプロデュース」をキーワードに、多岐にわたる事業を展開しています。トータルプロデュースとは、想定したコンセプトに基づいて業態開発から日常のオペレーションまで一貫して行ない、その事業の収益・リスクにまで責任を持つという独自のシステムです。その事業の多くはクライアント様からのご依頼によるもので、一つとして同じものはありません。流行りや時代だけでなく、制度など社会的な変化にも対応し、より良いサービスと感動を提供し続けることが肝要です。そのため、私たちはフレキシブルで、オールラウンドな企業体を常に構想しています。
 
 カトープレジャーグループが創立以来50 年以上もの歩みを続けてこられたのは、たくさんのご縁と教えがあったからこそだと感じております。中でも、幸せなことに今、私の周りには、大切な事業を託せるボードメンバーがいますが、その顔ぶれは新卒から務めてきた生え抜きや長年会社を支えていた者、専門性に特化している者などさまざまです。「託す」とは、私の命綱を預かってもらうことを意味し、この「託す経営」は、組織が進化するためには欠かせない要素だと考えています。現在では、全国に事業所を展開し、総スタッフ数は約3500名になりましたが、企業規模が大きくなるとそれぞれの責任が希薄になり、組織の衰退化が予想されます。そのため、決して事業規模を大きくすることだけを目的とせず、業態の多様性やシナジー効果を生かした成長の方向があると考えた結果、2004 年からコングロマリット構想に着手し、その問題を解決してまいりました。それぞれの事業スキームやカテゴリーに対応した子会社の集合体として、お互いにフレキシブルに影響し合える環境をつくりだすことができたため、昨年も多角的な施設を開業することができました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年03月24日号
2017年03月24日号
本体1,600円(税込)
【特集】HCJ2017徹底レポート
【トップインタビュー】
城山観光㈱ 代表取締役社長 東 清三郎 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定 世界遺産と豊かな緑に囲まれた奈良公園に最高級インターナショナルの開業を目指す
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定
京王プラザホテル  フランス料理界の重鎮 名誉総料理長 緑川廣親氏、国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ 日本人として初の受賞
京王プラザホテル 
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱  中部国際空港(セントレア)初の外資系ホテル「フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港」2018年秋に開業
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱ 
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
CLOSE