ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒント満載! フラワーアーティスト KAORUKOの世界に乾杯 第十三回 リゾートのオリジナルウエディング
第十三回 ヒント満載! フラワーアーティスト KAORUKOの世界に乾杯

第十三回 リゾートのオリジナルウエディング

【週刊ホテルレストラン2017年03月17日号】
2017年03月17日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KAORUKO
プロフィール
ブライダルフラワーの第一人者として時代をリード。2 万組のオリジナルウエディングの実績をもとに、花のみならずプロデュースとしてのホテル式場のコンサルやプランナー教育も手掛ける。「ゆれるブーケ」は美意識の高い女性に圧倒的な支持、多くの女優の花を手掛ける。東レPPO テニスにおいては皇族ご臨席の際の花をアレンジした。東京・銀座5 丁目とバリ島の「ザ・リッツ・カールトン・バリ」にKAORUKO フローリストをかまえるほか、「徹子の部屋」出演などテレビや女性誌でも特集されている。

 
 リゾートウエディングは国内外にかかわらず人気のウエディングスタイルとしてますます注目されています。特に海外のリゾートウエディングは富裕層が中心となり、数1000 万~億単位で一日のウエディングのためにテントやフォトブースなどを作り、世界各国から参列するゲストのために贅を尽くしています。
 
 インドネシア・バリ島へもジャカルタや欧米人の富裕層たちが集まり、設営から撤去まで3 日間かけて盛大なウエディングパーティを行なっています。そんな中、今春2 月11 日、バリ島の6 つ星ホテル「ムリア リゾート – ヌサ ドゥア、バリ」で私が挙式・パーティとフォトツアーのオーガナイザーとしてデザイン・プロデュースを担当しました。挙式の牧師などの手配は、万が一、手配をしたはずの牧師が来なかったというようなことがないよう日本の大手の現地企業にお任せし、挙式進行や演出は私がアレンジしたのです。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年10月13日号
2017年10月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析〈大阪編〉
【トップインタビュー 】
㈱Re・stay 代表取締役 宮原 眞 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE