ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 発起人代表の三國清三、服部幸應、村田吉弘が呼びかけ  『「食」を文化に!』決起大会3月23日17時よりホテルオークラ東京にて開催
発起人代表の三國清三、服部幸應、村田吉弘が呼びかけ 

『「食」を文化に!』決起大会3月23日17時よりホテルオークラ東京にて開催

2017年03月17日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「食」を文化に!』検討委員会は、3月23日17時よりホテルオークラ東京にて決起大会を開催する。
 
同委員会は三國清三(オテル・ドゥ・ミクニ代表)、服部幸應(学校法人服部学園 服部栄養専門学校理事長・校長)、村田吉弘(料亭「菊乃井」三代目主人)の3名が発起人代表となり、昨年秋、活動を開始したもの。
 
一般的に「食」は「文化」と言われるが、実際には、2001年に制定された法律「文化芸術振興基本法」が定める第12条「生活文化」の中に含まれるという解釈はされているものの、茶道、華道、書道のように具体的な例示に挙げられていないため、「食」は「文化」である、という明確な規定はない。
 
このような背景から結成した同会は、2020年の《日本の食文化》を世界に向けて発信する最高の好機までに、通常国会で「食」が「文化」として「文化芸術振興基本法」に明記される改正法の成立を目指すと共に、次世代の「食」に関わる人々が「誇り」を持って仕事に従事できる環境づくりなど、広く食に関わる業界全体と食文化の発展に寄与する活動を展開している。
 
通常国会の会期中の今こそ、「食」を「食文化」にするための諸活動を展開する、業界全体の結束と志を理解してもらう目的から、発起人代表3名の呼びかけに多数の料理関係者が集結する 『「食」を文化に!』 決起大会を開催する。大会当日は、同会と共に活動を続けている「日本食文化普及推進議員連盟」の山東昭子会長(参議院議員)、林 芳正幹事長(参議院議員)、二之湯武史事務局長(参議院議員)を来賓に招き、法律上も食が文化として明記されるよう、共にアピールする予定としている。
 
 
『「食」を文化に!』決起大会 概要 ※敬称略
 
日 時  2017年3月23日(木)17:00~
※報道受付16:30~、会場入口に設置
会 場  ホテルオークラ東京 別館2階「オーチャードルーム」
所在地:東京都港区虎ノ門2-10-4
電  話:03-3582-0111
最寄駅:日比谷線「神谷町駅」出口4b 徒歩10分
              南北線「六本木一丁目駅」改札口出口 徒歩10分
              銀座線「虎ノ門駅」出口3 徒歩15分
催:『「食」を文化に!』検討委員会 発起人代表
一般社団法人国際食文化交流協会 代表理事 三國清三(オテル・ドゥ・ミクニ代表)
公益社団法人全国調理師養成施設協会 会長 服部幸應(服部栄養専門学校理事長・校長)
一般社団法人全日本・食学会 理事長 村田吉弘(料亭「菊乃井」三代目主人)
決起大会長           服部幸應
来賓(予定)       日本食文化普及推進議員連盟           会長                     山東昭子
                                                                                    幹事長                  林 芳正
                                                                                    事務局長              二之湯武史
参加予定者:多数の料理関係者を予定
(和食・洋食・中華・料飲関係など、当会に参加する料理関係団体より)
式次第  決起大会長 挨拶
               来賓挨拶
               来賓、参加団体代表者による鏡開き
               大会宣言 等

この件に関するお問い合わせ先(事前および当日)
『「食」を文化に!』決起大会PR事務局担当:大嶋彰子
大嶋携帯:090-1200-7900 E-mail:a-oshima@ycp.com

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年10月13日号
2017年10月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析〈大阪編〉
【トップインタビュー 】
㈱Re・stay 代表取締役 宮原 眞 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE