ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 038 情報の変化が仕事の当事者を作り出す
038 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

038 情報の変化が仕事の当事者を作り出す

【週刊ホテルレストラン2017年04月07日号】
2017年04月07日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」48 種を紹介します。
 
今回のポイント
やる気を結果と考えれば「解決の糸口」が見えてくる
 

 
 やる気がない。視野が狭い。思考が浅い。これらは部下の立ち居振る舞いに不満を持つ上司の三大不満だ。かたや部下の方では次のような、もやもや感を抱いている。やる気がないわけではないのだ。他部門の仕事が見えない。一体全体、何に力を入れればいいのだろうか。上司が感じる不満と若手のもやもや感は一対で凸と凹の関係のようにかみ合って動かない。
 
 もっとやる気を出せ、視野を広く持て、深く考えろ。私も新入社員のころに先輩からそんな指導を受けた覚えがある。自分の至らなさを感じつつ、空元気を出したところでできるのは、大きな声で返事をするとか、駆け足で指示を受けに行くことくらいだったような気がする。仕事の質を変えるための手立てを持てないままに、同じことを繰り返していた。
 
 やる気はない訳ではない。このメッセージは仕事の意義をつかめない現状を表している。他部門の仕事が分からない。この嘆きの背景に自分の仕事が他部門にどう生きているのか見えない現実がある。何に力を入れたらいいのか分からない。この言葉の裏側に空回りする自分がいる。若手が抱くもやもや感は、整った仕組みの中で行なう仕事が作業に化す弊害である。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE