ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 夏目 哲宏  今さら知らないとは言えない 「ブライダルと法律」講座 第19回 JASRACショック。今なにが問われているのか?
第19回 夏目 哲宏  今さら知らないとは言えない 「ブライダルと法律」講座 

第19回 JASRACショック。今なにが問われているのか?

【週刊ホテルレストラン2017年04月21日号】
2017年04月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ブライト 代表取締役
行政書士事務所ブライト 代表行政書士
夏目 哲宏(なつめ・てつひろ)
【経歴】
1979 年5 月2 日 愛知県生まれ
2002 年 北海道大学法学部卒業
2004 年 北海道大学大学院法学研究科修了
㈱リクルートコスモス
(現コスモスイニシア)入社
一戸建て住宅の営業部に配属される
2007 年 同社法務部に異動
2009 年 ㈱ノバレーゼ入社
法務、株式、総務の仕事に従事
2014 年 行政書士登録
同社新規事業企画イベント「ノバレボ」で
BRIGHT 企画が採用される
2015 年 ㈱ブライト、行政書士事務所ブライト設立
 

 
 平成29 年3月9日付で一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が発表したリリースは、ブライダル業界を騒然とさせました。
 リリースの要旨をまとめると、JASRACが「プロフィールビデオ」や「記録用ビデオ」等のブライダルコンテンツを製造する事業者に対し、その音楽著作権の処理に不備があるとして、JASRAC 管理楽曲の「使用禁止」と「損害賠償」を求めた訴訟を東京地方裁判所に提起した、というものでした。
 
『ブライダルビジネスと音楽著作権の関係』については、すでにこのコラムでも何度か取り上げている通り以前から大きな関心を集めていたテーマでしたが、今回、ついに音楽著作権者側から「実弾」が発射されたことにより新たな局面に突入したと言えそうです。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年10月13日号
2017年10月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析〈大阪編〉
【トップインタビュー 】
㈱Re・stay 代表取締役 宮原 眞 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE