ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する! 第13回 Store Manager Job Function! 店長・支配人に必要な七つのスキル
第13回 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する!

第13回 Store Manager Job Function! 店長・支配人に必要な七つのスキル

【週刊ホテルレストラン2017年04月21日号】
2017年04月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹
〈Profile〉1954 年福井県生まれ。大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。さらにその後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を下にプロ経営者としての道を歩む。2005 年㈱ジャパンフードシステズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08 年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12 年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインタナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。
http://www.igarashi-ms.co.jp/

数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。

人を育てる仕組とは
 店長や支配人の人たちに良い仕事(Good Job!)をしてもらうためには、まず店長や支配人の人たちに求める責任、つまり職務(Job)を明確にすることです。
 
 そこで、前回第12 回では、店長と支配人に求める八つの責任(職務)について説明しました。そこで今回は、その職務を遂行する上での店長や支配人の人たちに必要なスキル、つまり職能(JobFunction)について説明します。
 
 この職務と職能の明確化が、その会社が求める人材像にもなります。そして、これをもとに、現場での実地教育訓練O-J.T(On-the-Job Training) や、本部本社で行なう研修Off-J.T(Off-the-Job Training)が連動しなければなりません。よく我が社も研修はしていますという企業はありますが、そのほとんどは、職務や職能とは全く関係のない一過性的なものがほとんどです。もちろん、情操教育やマインド教育も重要です。しかし、それらは仕事のことを教えた後にプラスするものです。人材育成の基本は、職務と職能に基づく人材育成でなければなりません。そこで今回は、店長や支配人の人たちに必要なスキル、つまり職能について説明します。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月15日号
2017年12月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査ホテルブライダルランキング107
【トップインタビュー】
㈱ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE