ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 五十嵐 茂樹  Business Revitalization  事業再生を科学する! 第16回 100-days plan summary ナンバーワン
第16回 五十嵐 茂樹  Business Revitalization  事業再生を科学する!

第16回 100-days plan summary ナンバーワン

【週刊ホテルレストラン2017年06月02日号】
2017年06月02日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹
〈Profile〉1954 年福井県生まれ。大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。その後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を元にプロ経営者としての道を歩む。2005 年㈱ジャパンフードシステムズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08 年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインターナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。
http://www.igarashi-ms.co.jp/
 

数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。

100 日プラン
 事業再生の最初のステップは、買収後100 日間で再生プランを立てることと、再生のためのベースを創ることです。その中でも、私が最も大切にしていることは、再生計画を可能にするための人づくり、体制づくりです。それは、どんなに立派な計画を策定したところで、それらを確実に実行に移すことができなければ、すべては“絵に描いた餅”と同じで、結果何も変わらない、ということを経験法則から学んだからです。それは、策定された、年度計画や中長期計画の達成には、人づくりと体制づくりは欠かせないということでもあります。ですから私の100日プランでは、何より人づくりを中心に、仕事に対する価値判断基準や物事の考え方の浸透、それに、組織としての在り方を示し、それらを全員で共有することを大切にしています。これらをすべて織り込んで、100 日間で事業再生のベースづくりを進めてゆきます。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE