ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル  総支配人に福永 健司 氏が就任

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル  総支配人に福永 健司 氏が就任

2017年06月26日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、2017年7月1日付で、福永 健司氏が就任すると発表した。
 
 福永 健司 氏は2003年より、国内のマリオットホテルで要職を歴任し、東日本大震災後、2011年3月からは、ウェスティンホテル仙台へ総支配人として赴任し、ホテル営業再開をリードした。また直近では、セント レジス ホテル 大阪総支配人としてホテルを統括している。
 その他、ホテルのリブランドプロジェクトの総支配人として開業準備、セールス・マーケティング戦略、ファイナンス、さらには人事戦略構築に携わるなど幅広いホテルマネジメントに関する知識と経験を有している。
 
福永 健司 氏コメント
「2018年4月に開業30周年を迎えるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの総支配人に就任できたことを光栄に思います。より一層サービスとホスピタリティの品質向上を追求し、お客様に今まで以上に素晴らしいご滞在を提供できるように努めてまいります。」

■福永 健司 (ふくなが けんじ) 略歴
1966年東京都生まれ。日本大学法学部卒業。コーネル大学ホテルビジネスマスターサティフィケート取得。
フランス系リゾート運営会社クラブメッド、都内会計事務所勤務を経て、2003年より日本スターウッドホテル株式会社に入社。宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを皮切りに、シェラトンホテル札幌、ウェスティンホテル東京、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて部門長、副総支配人を歴任し、ウェスティンホテル仙台総支配人を務める。その後、東京マリオットホテルリブランドプロジェクトの総支配人として開業準備、セールス・マーケティング戦略、人事戦略構築に携わる。その後2014年6月よりセント レジス ホテル 大阪 総支配人兼スターウッド ホテル&リゾート 日本・グアムエリア統括総支配人に就任し、セント レジス ホテル 大阪のさらなるサービス品質とブランド価値向上に努めた。

 

 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 
http://www.sheratongrandetokyobay.com/jp

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE