ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • データファイル コミュニケーション科学研究所  全国縦断マーケット調査 東京都
データファイル コミュニケーション科学研究所 

全国縦断マーケット調査 東京都

【週刊ホテルレストラン2017年09月15日号】
2017年09月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つきじ市場
 つきじ市場は、日本橋にあった魚市場と京橋にあった青物市場とが、1935 年(昭和10 年)に築地に移転し設立され、80年以上の歴史がある。卸売市場としての取り扱い量は、水産物480 種類、43トン、約4400 億円、青果物は270 種類、27 万トン、約889 億円で、合計では750 種類の品目、70 万トン、金額では5289 億円となっている。特に水産物の取り扱い量は世界最大となっている。ここに関係する業務関係者は1 日4 万2000 人が働いており、車も1 万9000 台が稼働している。広さは、場内が23ha(23 万㎡)、場外が3ha(3 万㎡)で、合計26ha(26万㎡)あり、後楽園ドームの6 倍近くある。つきじ市場は豊洲への移転が決定されているが、観光地としての人気は絶大で、早くから外国人観光客も多かった。都の調査では休日1日平均3.3万人、平日は1.3 万人が訪れるという。平日だけでも年間300万人をこえており、上野動物園の290 万人をしのぐ。市場の魅力は、新鮮な魚が食べられることが第一であり、本市場が移転しても場外市場がつきじブランドを維持するという。         
 
都民分配所得は全国第1
 東京都の面積は2190.9㎢で全国44 位。大阪府より大きく、沖縄県より小さい。人口は1296.6 万人で全国1 位で、神奈川県より大きい。年齢構成をみると14 歳以下の幼年人口は11.8%、15 ~ 64 歳の生産年齢人口は65.2%、65 歳以上の老年人口は23.0%で、全国と比較すると高齢化は全国平均に近い。都民分配所得は60 兆円で全国1 位。一人当たり所得は450.8 万円であり、全国で第1 位となっている。産業別構成比をみると、第1 次産業は0.1%、第2 次産業は11.2%、第3 次産業は88.6%で、全国平均と比べると2 次産業比率がやや低い。工業出荷額は8 兆円で全国15 位、人口当たりでも63.7 万円で全国46 位となっている。
 
ホテルは軒数・客室数とも低迷
 飲食店数は14 年で8 万3833 店。内訳をみると、食堂レストランが4472 店で5.3%、専門料理店が2 万9559 店で35.3%を占める。その中で多いのは中華料理店の9065 店で10.8%を占める。次いで日本料理店が8325 店の9.9%と続いている。そのほか、すし店が3620 店(4.3%)、そば・うどん店が4806 店(5.7%)となっている。また遊興飲食店のバー・キャバレー・ナイトクラブは1 万892 店(13.0%)、酒場・ビアホールは1 万9995 店(23.9%)と、両者で36.9%を占める。以上のほか喫茶店は6999 店(8.3%)、ハンバーガーなどその他の飲食店は3054 店(3.6%)である。09 年調査から飲食店が分離された「持ち帰り・配達飲食サービス業」は5871 店である。ホテル数は14 年で6754 軒、客室数は9 万8644 室で、90 年からの伸び率をみると、ホテル数は全国の82.3%に対して25.9%と平均を下回っている。客室数は全国の105.1%に対して当県は55.2%の伸びで、平均を下回っている。
 

※図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
ご注文フォームはこちら
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE