ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕「世界のリーディングホテル」VOL155 アシュフォード キャッスル
VOL154 小原康裕「世界のリーディングホテル」

VOL155 アシュフォード キャッスル

【週刊ホテルレストラン2017年11月24日号】
2017年11月24日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小原 康裕
「世界のリーディングホテル」
ホテルジャーナリスト
小原 康裕 プロフィール

アシュフォード キャッスル「Ashford Castle」は、アイルランド最古のキャッスルで高くそびえる楼閣や複雑に入り組んだ城郭建築は、まさに中世の城に我々が抱くファンタジーそのままの姿で現存する貴重なホテルである。
アシュフォード キャッスル「Ashford Castle」は、アイルランド最古のキャッスルで高くそびえる楼閣や複雑に入り組んだ城郭建築は、まさに中世の城に我々が抱くファンタジーそのままの姿で現存する貴重なホテルである。

大きく「Ashford Castle」の案内板を掲げた入城門。
大きく「Ashford Castle」の案内板を掲げた入城門。

アシュフォード キャッスル「Ashford Castle」は、ノルマン系イングランド人のバーク家によって、1228年に修道院の遺跡であった土地に建てられた。アイルランド最古のキャッスルで、高くそびえる楼閣や複雑に入り組んだ城郭建築は、まさに中世の城に我々が抱くファンタジーそのままの姿で現存する貴重なホテルである。かつてギネスファミリーに所有されたこともあり、1939年に高級ホテルとしてオープンした。客室とスイートはオリジナルの特徴を細部まで修復した伝統的なデザインで、クラシカルな意匠の中にもモダンなアメニティーを共に備えている。ホテルは2013年、高級ブティックホテルを展開するグループ「The Red Carnation Hotel Collection」に買収された。その後底的なリノベーションを施して2015年にLHWに加盟して本格的に再オープンしている。

 

入城門からAshford Castleまで広大な敷地を進んで行く。
入城門からAshford Castleまで広大な敷地を進んで行く。

城に架かるブリッジの手前で再度チェック。
城に架かるブリッジの手前で再度チェック。

レセプションデスク。
レセプションデスク。

此方はコンシェルジュデスク。
此方はコンシェルジュデスク。

中央ロビーラウンジ。
中央ロビーラウンジ。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年02月23日号
2018年02月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】予約・売上アップする最先端バンケット運営術
【トップインタビュー】
㈱堂島ビルヂング 取締役 ホテル事業部長 雲仙観光ホテル 総…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE