ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~  074 本部と現場を一体にする対話型セミナー
074 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 

074 本部と現場を一体にする対話型セミナー

【週刊ホテルレストラン2018年01月26日号】
2018年01月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

一致団結は「正論」ゆえに、
実行策の戦略が甘くなりがちだ

 
 日本でトップクラスの店舗数を持つベーカリーチェーン・リトルマーメイドは、本部も店も一つの方向を向いて取り組みを行なえる仕掛けを毎年深化させている。
 
 一体になって進め、精神論の範疇で終わらせずに具体的に落とし込んだやり方をブラッシュアップさせ続けている。
 
 複数の現場を持つチェーン企業は、本部がコントロール機能を持つのが一般的だが、リトルマーメイド本部はこの形態を採用していない。創業以来、加盟店のオーナーとの関係を大切にしている本部は、店舗管理ではなく支援するという役割を重視しているからだ。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月17日号
2018年08月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】動き出した新サービス&運営術
【トップインタビュー】
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ㈱ 代表取締役社長 井上 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE