ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ  外国人が心底失望する「日本のホテル事情」③
本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ 

外国人が心底失望する「日本のホテル事情」③

【週刊ホテルレストラン2018年02月09日号】
2018年02月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
これまで2 回にわたりデービット・アトキンソン氏が書いた『世界一訪れたい日本のつくりかた』を紹介した。今回のポイントは「富裕層」を迎え入れる体制の差が、そのまま1 人当たり国際観光収入の差になっているという話。
 
☆        ☆       ☆
 
 日本には「5 ツ星ホテル」が何軒必要か。Five Star Alliance に登録されている3236 軒の「5 ツ星ホテル」がある139カ国を訪れた外国人観光客数は11 億4907 万人(2015 年)ですので、1 軒当たりの外国人観光客は35 万5090 人になります。
 
 この計算でいくと2020 年に4000 万人の訪日観光客を目指している日本には、最低113 軒の5 ツ星ホテルが必要となります。2030 年の6000 万人だと169 軒です。
 
 実際、世界各国の国際観光収入と「5ツ星ホテル」数の相関関係を分析すると、なんと相関係数は91.1%。極めて高い数値を示します。この計算をしたとき、私は強い衝撃を受けました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年05月18日号
2018年05月18日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
東急ホテルズ 代表取締役社長 小林 昭人 氏 同執行役員事業企…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE