ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 我、かく闘えり ベルボーイからホテリエへ―徒手空拳の男はなぜ、野望を叶えることができたのか
第一回 連載 我、かく闘えり

プロローグ〈人の喜ぶ顔が見たいから〉

2018年03月07日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身の程を越えた望みを抱えて

 多くの若者は、徒手空拳で社会人となる。経済力もなければ、人脈もない。手の中にあるのは、()()ない(・・)思いだけである。

 片野真治の場合も、ひと握りの夢だけが頼りだった。学生時代に、自分の思うことで人に喜ばれたいという真摯(しんし)な感情が芽生え、興味を持ち始めたホテル業界に身を投じた。最初の仕事はベルボーイ。文字通り、ホテルの入口からの振り出しである。

 試練が続いた。改善すべき点を上司に進言すると、「うるさい! 文句を言いたかったら、役職に就いてからにしろ!」と怒鳴られた。

 ひと握りの小さな夢は、普通ならば、こういう厳しい言葉で吹き飛んでしまうものだろう。だが、片野はホテル業界にしがみついて、離れなかった。意志を貫くうちに、夢はかえって大きく膨れ上がり、「この業界で偉くなりたい」という野望となっていったのである。

 野望とは、辞書によると、「身の程を越えた大きな望み」とある。この意味を冷静に解釈したら、片野もひるんだかもしれない。だが、挫折を挫折とも思わぬ片野は、一歩も退かなかった。

 とにかく自分の思うサービスを提供したいんだ、私に任せてくれないか、任せてくれないなら、私が会社を興してやるまでだ――片野の行動力、決断力、そして企画力や分析力はいつの間にか、人一倍強く、優れたものになっていた。そして、片野は本当に会社を設立し、野望を実現させてしまったのだった。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE