ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手-Part2 082 あなたの会社
082 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手-Part2

082 あなたの会社の財産は眠ったままになっていませんか

【週刊ホテルレストラン2018年03月23日号】
2018年03月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

未来創造は過去のさかのぼりから始まる
創造とは「含んで超える」ものだから

 
 会社の財産は古びたものになっていませんか。未来に生かせるはず財産が、博物館の展示物ように昔の話になっていませんか。私はクライアント企業の方々がイノベーションをチームで興すサポートを仕事にしています。今まで150 社1000 人の未来創造を支えてきた中で「自社ならでは」「自分ならでは」を上手につかめるか否かが、成功を左右すると痛感しています。
 
 自社や自分の未来を考える時、流行を研究してみたり、他社の取り組みを参考にしてみたり、答えを外に求めに行く方に比重をかけていれば、頭でっかちのプランができあがります。流行りを考える。繁盛企業の取り組みをまねてみる。これらがダメだというのではありません。自社、自分ならでは展開のし方が曖昧ならはやりや他社事例を発展的な活用は難しいでしょう。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月20日号
2018年04月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション広島 観光資源の宝庫、広島 誘客拡大への…
【トップインタビュー 】
オトカーコレクション シャトー・サンマルタン&スパ ラポジ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE