ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ㈱五十嵐マネジメント・サポート  五十嵐 茂樹 Business Revitalization 事業再生を科学する!  第36回 One minute message №2 一分間メッセージ №2
第36回 ㈱五十嵐マネジメント・サポート  五十嵐 茂樹

Business Revitalization 事業再生を科学する!  第36回 One minute message №2 一分間メッセージ №2

【週刊ホテルレストラン2018年04月06日号】
2018年04月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹

〈Profile〉1954 年福井県生まれ。五十嵐マネジメント・サポート代表。大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。その後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を元にプロの経営者としての道を歩む。2005 年㈱ジャパンフードシステムズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08 年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12 年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインターナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)に就任し各社の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。http://www.igarashi-ms.co.jp/
 
 

新たな学びと気付き
 
 私は、経営とは学びと気付き、それに、実行が何より大切だと考えています。
 それは、新たな学びと気付きが、新たな行動につながるからです。そして、その新たな行動が新たな成長への道のりを歩むことになるからです。いつも願うことは、その流れが止まることなく確実な前進をすることです。そんな願いを込めて、365 日、毎朝5 時にメールを送り続けました。内容的には、新入社員に向けたものから幹部社員に向けたものまでありますが、あえてその内容を全員に共有することで価値判断基準やベクトルを合わせることに重点を置きました。それでは、2回目のメッセージを紹介します。
 
心の持ち方、執着心、行動力
 
 同じことをしても結果に差が出るのは、情熱や熱意といった心の持ち方、それに、勝ちにこだわる執着心、そして、すぐやる、必ずやる、できるまでやる、といった行動力の差に起因しているからです。つまり結果の差は、自分自身の心の持ち方や執着心、それに、行動力に問題があるということです。それは、心の持ち方や執着心、それに、行動力が物事を成就する決め手になるからです。
 
 もし、この強い心がなかったり、勝ちにこだわる執着心がなかったり、さらには、行動力がなければお店の成長発展は絶対にありえません。良い成果を望むのであれば、まずは、自分自身の心と執着心と行動力を高めることです。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月20日号
2018年04月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション広島 観光資源の宝庫、広島 誘客拡大への…
【トップインタビュー 】
オトカーコレクション シャトー・サンマルタン&スパ ラポジ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE