ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 連載88  社長! お客さまの目線に立った経営できていますか?
連載88 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 

連載88  社長! お客さまの目線に立った経営できていますか?

【週刊ホテルレストラン2018年06月08日号】
2018年06月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は婚礼業界の商売の基本についてもう一度考えてみたいと思います。経営者の皆さんは日々、いろいろな問題や課題を考えていかなければならないことが山のようにあると思います。会社を存続させるためにはお客さまにとってどのような会社でいなければならないのか。どうすればお客さまに指示され続けることができるのでしょうか?

㈱スプリングフィールド
代表取締役 桃井文子

〈プロフィール〉岡山市の老舗旅館、岡山石山花壇(現在のザ マグリット)の宴会営業スタッフとして入社。その後、婚礼部門を強化するプロジェクトを成功させ、年間2 組から339組までを達成したのは業界でも有名。同社にてウェディング・プランナー、マネージャー、支配人、営業企画室長、役員として活躍。また、関連会社 グレート:プランニングにてコンサルタントとして、12 年間、全国の数々のホテル、結婚式場の再生、婚礼強化に携わる。プランナー教育、マネージャー教育、経営者の良きアドバイザーとして定評がある。平成23 年、スプリングフィールドを設立。経営コンサルタント、衣裳・美容の内製化支援、式場のプロデュースを中心に現在活動中。2013 年5 月には、ニューヨーク支社を設立し、現地でもパーティーやイベントを手掛け、日本のウエディング、パーティーを広める活動もしている。

 婚礼業界は少子化にともなうマーケットの縮小が確実な状況の中、お客さまから選ばれる会社、選ばれない会社に分かれてきています。皆さんもご存じのようにウエディングは何度も買う商品ではありません。それだけに消費者にとっては分かりにくい商品です。
 
 最近のウエディングの新規のお客さまは事前に情報を調べて来館されますので、新規の見積もりも最終的に価格が上がることも承知の上でいらっしゃっています。ただ各社の見積もりが分かりにくい仕組みになっているため、どこがどう他社と違うのか比較することができなかったり、ウエディングの情報誌やネットを見ても似たような広告で同じように見えてしまい、迷いながら10 件以上訪問し、疲れきったカップルも目にすることもめずらしくありません。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月17日号
2018年08月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】動き出した新サービス&運営術
【トップインタビュー】
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ㈱ 代表取締役社長 井上 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE