ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レポート  ホテル フェリーチェ 赤坂  「まだ、出会ったことのない日本」をテーマに ホテルと飲食店のコングロマリットが誕生
レポート  ホテル フェリーチェ 赤坂 

「まだ、出会ったことのない日本」をテーマに ホテルと飲食店のコングロマリットが誕生

【週刊ホテルレストラン2018年06月08日号】
2018年06月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全167室のうち最も多い「ツインルーム」はビジネスにレジャーにと使い勝手のよいスタイル
全167室のうち最も多い「ツインルーム」はビジネスにレジャーにと使い勝手のよいスタイル

日本の伝統美と先進技術を融合させたホテルの外観 (上)は木造建築のようなテイスト、館内の廊下には朱赤とLED ライトによる構成が印象的
日本の伝統美と先進技術を融合させたホテルの外観 (上)は木造建築のようなテイスト、館内の廊下には朱赤とLED ライトによる構成が印象的

 
 2018 年3 月29 日、都内ホテル激戦区の一つである東京・赤坂にデザイナーズビジネスホテル「ホテル フェリーチェ赤坂」がオープンした。繁華街の中心「みすじ通り」に面し、東京メトロの赤坂駅より徒歩2 分、同赤坂見附駅からも徒歩5 分圏内という好立地である。ブランドコンセプトは「伝統と先端のミクスチャー~まだ、出会ったことのない日本」。館全体が日本の伝統美と先進技術を融合させたデザイン。室内は白木を格子状に配したシンプルかつ和を感じさせる内装で、間接照明が効果的に配され落ち着く空間となっている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月22日号
2018年06月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション愛知 内に秘めたポテンシャルがいよいよ花…
【トップインタビュー】
レッド・プラネット・ジャパン 代表取締役社長 ティム・ハン…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE