ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ソーニャ ボドゥセック  HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ  第9回 企業の社会的責任と地域社会への恩返し
第9回 ソーニャ ボドゥセック  HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 

第9回 企業の社会的責任と地域社会への恩返し

【週刊ホテルレストラン2018年09月21日号】
2018年09月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ペニンシュラ東京は、フォーブス・トラベルガイドで2016 年から3 年連続5 つ星評価を獲得するなど、国内ラグジュアリー市場をけん引する存在。その舵を取るのが2015 年末に総支配人に着任したソーニャ ボドゥセック氏だ。本誌では、ルームアテンダントから始まり総支配人として今日に至るまでのユニークな経験談を交えながら業界を超えた読者へのメッセージを綴る。

Profile
ザ・ペニンシュラ東京 総支配人
ソーニャ ボドゥセック 氏
Sonja Vodusek オーストラリア出身。ブルーマウンテンインターナショナル ホテルマネジメント スクールでホテルマネジメントの学位を取得後、ロイヤルメルボルン工科大学で企業経営学を修了。大学時代には、約半年間、東京のシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのルームアテンダントとしてトレーニングを経験する。大学卒業後、約16 年間にわたり、プラハ、ワシントンDC、ヒューストン、東京、アイルランドのダブリン、シドニーに位置するフォーシーズンズの宿泊部門をはじめとしたラグジュアリーホテルにおいて経験を積む。2010 年9 月、ホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラニューヨークに入社。11 年4 月、ザ・ペニンシュラマニラの総支配人に就任。15 年12 月15 日より現職。
 
Data
ザ・ペニンシュラ東京
東京都千代田区有楽町1-8-1
☎03・6270・2888

 
 お客様、企業、従業員、地域社会に還元する取り組みは、リーダーとして重要な仕事のひとつです。リーダーシップとは、ビジョンを掲げチームを導くことだけでなく、お客様や共に働く仲間、関係企業、地域社会の皆さまの人生を豊かにすることも大きな役割のひとつです。
 
 私の家族はオーストラリアで会社を経営しており、地域社会の方が参加できるイベントやチャリティ活動を頻繁に開催していました。そのような環境で育った私の心には、自分を育ててくれた人や地域社会への“ 恩返し” に対する意識が幼いころより常にありましたが、特に最近は年々強くなっています。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月19日号
2018年10月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】バスアメニティの新たな潮流
【トップインタビュー 】
ラッフルズ シンガポール 総支配人 クリスチャン・ウエストベ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE