ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP カクテル、食後酒の幅が広がる 北欧産スピリッツ。ウイスキーも
酒のSP

カクテル、食後酒の幅が広がる 北欧産スピリッツ。ウイスキーも

【週刊ホテルレストラン2018年10月12日号】
2018年10月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
リキュール、オードヴィーなど北欧の味
 
 ウイスキーが完売しても落胆することはない。HD がリリースしている「ヘルシンフォス フィスケハム アクアヴィット」(Helsingfors Finskehamns Akvavit)が抜群の仕上がりを感じさせるからだ。フィンランド産のキャラウェイとスパイシーなフェンネル、ディルシードやフレッシュなレモンピールを使用したスピリッツをフレンチオーク樽で熟成した滑らかな味わいと、41.5 度とは思えないスムースさが女性にも人気だ。このアクアヴィットには、同じくフィンランドVEEN社のノルディックトニックウォーターが味わいを拡張させる。
 
 また、フィンランドのリンゴンベリーとジンを合わせたリキュール「プオルッカ ジン リコーリ」(Puolukka GinLikööri)、フィンランド湾の海岸沿いなどに自生するシーバックソーンベリーとジンのリキュール「ティルニ ジン リコーリ」(Tyrni Gin Likööri)はスカンジナビアの味覚を表現している。さらに現地のリンゴから発酵、蒸留し、オーク樽で熟成したアップルブランデー「ヘルシンキ アップルジャック」はカクテルはもちろん、食後の紅茶との相性も推奨されている。リキュールに用いたシーバックソーンの搾りかすをマッシュに発酵、蒸留を経たオードヴィー、「ヘルシンキ ティルニポンティッカ」(HelsinkiTyrnipontikka)も興味深い。ポンティッカとは伝統的な自家製酒に敬意を表して付けた名称で、北欧のマールやグラッパといった存在にも注目してみたい。
 
 スピリッツ、リキュールは500㎖瓶。参考小売価格でウイスキーが8000 円、リキュールが各4500 円、アップルジャックは6000 円、ティルニポンティッカが6500 円(すべて税別)だ。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE