ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒルトン  富士見町開発合同会社とヒルトン、運営受託契約を締結 中四国で初となる「ヒルトン広島」の開業は2022年度を予定
ヒルトン 

富士見町開発合同会社とヒルトン、運営受託契約を締結 中四国で初となる「ヒルトン広島」の開業は2022年度を予定

2018年10月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調印式の様子(瀬戸内ブランドコーポレーション 代表取締役社長 藤田 明久 氏(左)、 ヒルトン アジア・オーストラレーシア地区 開発担当上席副社長のガイ・フィリップス氏(右))
調印式の様子(瀬戸内ブランドコーポレーション 代表取締役社長 藤田 明久 氏(左)、 ヒルトン アジア・オーストラレーシア地区 開発担当上席副社長のガイ・フィリップス氏(右))

 せとうちDMOを構成する(株)瀬戸内ブランドコーポレーション(広島県広島市、代表取締役社長:藤田 明久 氏 以下、瀬戸内ブランドコーポレーション)、およびヒルトン(米国バージニア州、取締役社長 兼 最高経営責任者:クリストファ J. ナセッタ 氏)は、富士見町開発合同会社とヒルトンが「ヒルトン広島」の運営受託契約を締結したことを発表した。同ホテルは中国・四国地方で初のヒルトンとなり、2022年度の開業を目指すとしている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE