ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 第55回  数合わせのための労働力補強は危険
第55回 “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」

第55回  数合わせのための労働力補強は危険 ~ムダな業務を見直し、ダウンサイズする努力を~

【週刊ホテルレストラン2018年12月14日号】
2018年12月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 日本の人口減少は国力低下を招く恐れがあるとして深刻化しています。現在は約1 憶2000 万人の人口も約40 年後の2055 年には約8600 万人となり65 歳以上の人口が約4 割、生産年齢(15 ~ 64 歳)は約4400 万人、14 歳以下は約800 万人になると推計されています。約40 年後の2055 年に生きていたとしたら私の年齢も90 歳を超え、まさに超高齢者の1 人としてカウントされることでしょう。
 
 しかしながら戦後の1950 年は約8000 万人強、1 億人を超えたのは1970 年台のことです。人口と言う点でみればその時代に戻るということになります。単純に考えればさまざまな産業において人口8000 万人にリセットにした計画を立てれば良いことになります。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年10月11日号
2019年10月11日号
本体1,630円(税込)
【特集】法律から見えてくるホテル業界
【トップインタビュー】
フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ リージョナル・バ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE