ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • HOTERES Style HOT バーテンダーズジャーニー Vol.59 ウェスティンホテル東京  スカイラウンジ 「コンパスローズ」 川井田 里菜 氏
Vol.59 HOTERES Style HOT バーテンダーズジャーニー 

Vol.59 ウェスティンホテル東京  スカイラウンジ 「コンパスローズ」 川井田 里菜 氏

【週刊ホテルレストラン2019年02月01日号】
2019年02月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイラウンジ 「コンパスローズ」
スカイラウンジ 「コンパスローズ」

川井田 里菜
Rina Kawaida

2014年ウェスティンホテル東京入社。研修を経てエグゼクティブバー「ザ・バー」に配属され、バーテンダーとしてのキャリアをスタートさせる。
16年には2年目にしてシガーとカクテルのコンペティションに出場。18年よりスカイラウンジ「 コンパスローズ」勤務。同年にもヨコハマ カクテルコンペティションに出場するなど、持ち前のチャレンジ精神でスキルアップに励んでいる。

 
「住みたい街」ランキングでは常に上位にあり、代官山や渋谷、麻布とも至近の大人の街。
そんなイメージの東京・恵比寿は、1800年代後半には貨物駅「恵比寿停留所」が、1900年代に入り旅客駅が開設され、そのころから地名として認知されている。
94年に開業した恵比寿ガーデンプレイスは、オフィスや百貨店、美術館や飲食店が集積する今日のこの地のランドマークである。
その一角のウェスティンホテル東京は今年で開業25周年を迎える、恵比寿のもてなしのランドマークだ。
 
 エントランスフロアのエグゼクティブバー「ザ・バー」が重厚さと存在感を放つ一方、22階のスカイラウンジ「 コンパスローズ」はカウンターからの眺望やカクテルが幅広い層に人気だ。
100種類ほどのジンもそろうこのバーで、バーテンダーの川井田里菜氏はジャパニーズクラフトジン ROKUGINを選んだ。
 
「ROKU GINは、素材から日本の四季が表現されているジンです。一杯で四季を感じていただけるようなカクテルになれば、外国人のお客さまにも楽しんでいただけると思いました」
 
 桜の葉と花、煎茶と玉露、柚子と山椒の六つのボタニカルを、川井田氏はビジュアルでも表現した。柚子のピールを桜の花にかたどり、山椒のアクセントがカクテルとしての奥行きをもたらす。
 
 プロフェッショナルのために開発されたプレミアムシロップ「わつなぎ 抹茶」から伝わる日本茶の甘みと渋み。川井田氏が「心地よく抜けていく」と表現する風味は、和糖にこだわることで体現された柔らかさにある。シロップとしてのクオリティーはもちろん、その名のとおり素材と素材をつないでくれる存在だ。
 
 学生時代にホテル業界に魅せられ、入社後の配属でバーの魅力に引き寄せられた。カクテルコンペティションに積極的に出場して場数を重ねる一方、スピリッツに関する認定試験にも合格した。
 
「海外でも活躍できるバーテンダーになるのが目標です」
 
 未来を見据えるその視線はまっすぐで力強い。あふれんばかりのチャレンジ精神によって、川井田氏自身が磨かれ、これからさらにたくさんのカクテルを、ゲストとともに生み出していくのだろう。
 

レシピ
カクテル名「花扇」 1600円(税・サ別)


・ジャパニーズクラフトジン ROKU GIN 25㎖
 https://www.suntory.co.jp/wnb/rokugin

・ヘルメス グリーンティー 15㎖

 https://bit.ly/2TrubR5

・わつなぎ 抹茶 10㎖
 https://pro.suntory.co.jp/watsunagi

・伊右衛門 20㎖
 https://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon

・山椒 1tsp
 柚子のピールを吹きかけ、桜をかたどった柚子の皮を数個表面に浮かべ、一片はグラスの縁に飾る

週刊ホテルレストラン最新号
2019年12月13日号
2019年12月13日号
本体1,630円(税込)
【特集】国内外ゲストを集客する宿泊主体型ホテルの鍵とは?
【特別企画】
大阪エクセルホテル東急 開業

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE