ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 日本政府観光局(JNTO)  2019年4月の訪日外国人は前年同月比0.9%増の292万6700人。 東アジア市場を中心に訪日需要が抑えられ訪日外客数全体の伸びは鈍化
日本政府観光局(JNTO) 

2019年4月の訪日外国人は前年同月比0.9%増の292万6700人。 東アジア市場を中心に訪日需要が抑えられ訪日外客数全体の伸びは鈍化

【週刊ホテルレストラン2019年05月31日号】
2019年06月11日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 日本政府観光局(JNTO)が5月21日に発表した2019年4月の訪日外国人客数は、前年同月比0.9%増の292万6700人となった。2018年4月の290万1千人を約3万人うわまわり、単月として過去最高を記録した。また、4月までの累計は1098万500人となり、1000万人を超えた。
 
 JNTOは、2018年は3月末だったイースター休暇が今年は4月となり、欧米豪市場を中心に影響を受けたことに加え、桜鑑賞等を目的に訪日需要が高まる春に向けて各市場で展開した訪日旅行プロモーションの効果もあり、訪日者数は前年同月を上回った。

 一方で、日本のゴールデンウィークが10連休となり訪日旅行商品の高騰、日本国内観光地の混雑などを理由として訪日旅行者数が多い東アジア市場を中心に訪日需要が抑えられたことから、訪日外客数全体の伸びは鈍化した。
 
 2019年4月の状況と前年比推移は以下のとおり。
 

訪日外国人数(実数) 単位:千人 (編集部作成)
訪日外国人数(実数) 単位:千人 (編集部作成)

訪日外国人数前年比伸び率 (編集部作成)
訪日外国人数前年比伸び率 (編集部作成)

 
 市場別では、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、カナダ、英国、フランス、イタリア、ロシアで単月として過去最高を記録したほか、中国、豪州、米国、ドイツ、スペインで4月として過去最高を記録した。
 

■各国の個別について

 
 韓国は、前年同月比11.3%減の56万6600人だった。航空座席供給量は増加したものの、韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復やベトナムが人気になるなど、海外渡航先が多様化していることに加え、日本のゴールデンウィークの影響や韓国経済の低迷などもあり、訪日者数は前年同月を下回った。
 
 インドは、前年同月比3.9%増の1万8400人で、単月として過去最高を記録。日本のゴールデンウィークやインドの総選挙の影響があったものの、桜シーズンの訪日需要の高まりを、当該時期の需要獲得を目的としたムンバイ空港での屋外広告やデジタルを活用した情報発信などの訪日旅行プロモーションおよび旅行博・商談会事業が下支えし、訪日者数は前年同月を上回った。
 
 豪州は、前年同月比22.8%増の7万500人で、4月として過去最高を記録。継続的に展開してきた訪日旅行プロモーションや、業界メディアなどによる日本の露出機会の増加による訪日旅行機運の高まりに加え、航空座席供給量の増加や、2018年は3月末からであったイースター休暇が2019年は4月後半からとなったことへの影響、好調な訪日クルーズ需要もあり、訪日者数は好調に推移した。
 
 各市場別の数値は以下のとおり。

2019年4月 訪日外客数 (JNTO推計値) 出典:日本政府観光局(JNTO)
2019年4月 訪日外客数 (JNTO推計値) 出典:日本政府観光局(JNTO)

 
 JNTOは、昨今の世界情勢や旅行先の多様化などを背景に、訪日旅行市場を取り巻く環境は日々変化している。今後も市場動向を綿密に分析しながら、訪日旅行プロモーションを進めていくとしている。
 
 
日本政府観光局(JNTO)
http://www.jnto.go.jp/jpn/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年10月11日号
2019年10月11日号
本体1,630円(税込)
【特集】法律から見えてくるホテル業界
【トップインタビュー】
フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ リージョナル・バ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE