ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • フォーシーズンズホテル京都  レストラン「ブラッスリー」 新料理長に古賀隆稚(こが りゅうじ)氏が着任!
フォーシーズンズホテル京都 

レストラン「ブラッスリー」 新料理長に古賀隆稚(こが りゅうじ)氏が着任!

2019年06月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レストラン「ブラッスリー」新料理長 古賀 隆稚 氏
レストラン「ブラッスリー」新料理長 古賀 隆稚 氏

 
 フォーシーズンズホテル京都(所在地:京都市東山区妙法院前側町、総支配人:アレックス・ポーティアス 氏)のメインダイニング、レストラン「ブラッスリー」の料理長に古賀隆稚(こが りゅうじ)氏が2019年5月20日付で就任した。
 
 
フォーシーズンズホテル ジョルジュサンク パリの ミシュラン三つ星レストラン「ル・サンク」前副料理長・メニュー開発総責任者が京都へ。
 
以下、リリースのとおり。
 
古賀料理長は、33歳にしてフランス各地の7つの星付きレストランにおいて10年に及ぶ経験をもち、フレンチの伝統的なテクニックはもちろんのこと、フランス人の考え方や文化についても深く学び、知識とクリエイティビティあふれるセンスを磨き上げてきました。
 
「ブラッスリー」着任前は、パリの「フォーシーズンズホテル ジョルジュサンク」のレストラン「ル・サンク」において、“2016年シェフ大賞(雑誌『Le Chef』Le Meilleur Chef 2016)”に輝いたクリスチャン・ル・スケールのもと、日本人初の副料理長・メニュー開発責任者を務め、多くの食通たちに注目される存在となりました。また、次世代の才能を発掘する日本最大級のコンペテション「RED-35」での3度の受賞や、若手料理人の世界一を決める国際コンクール「サンペレサンペレグリノ ヤングシェフ」でもフランス国内のファイナリストに選考されるなど、その実力は折り紙付きです。
 
 「フランスで学んできたことをベースに、他では食べることができないオリジナリティあふれる料理を創っていきたい。 フランスで働いたからこそ発見できた日本の素晴らしい食材も積極的に取り入れ、新しいことにどんどんチャレンジしたい」と古賀料理長は新天地、京都での意気込みを語っています。料理において、味、素材の組み合わせ、色彩、これら全ての要素の「バランス」が最も重要と古賀料理長は考えます。素材からのインスピレーションを大切にしながら、貪欲に美味を追求しつづける若き料理長の情熱、そして彼が率いるこれからの「ブラッスリー」にどうぞご期待ください。
 
 
【古賀 隆稚 プロフィール】
1985年、福岡県生まれ。ミシュラン三つ星の「ジョエルロブション東京」で料理のベースを学んだ後、渡仏。フランス各地、合計6つの星付きレストランで腕を磨き、2016年にはフォーシーズンズホテル ジョルジュサンク パリの「レストラン ル サンク(三つ星)」の副料理長に日本人としては初めて就任。フランス料理界の第一人者であるクリスチャン・ル・スケールのもと、メニュー開発責任者を務める。フランス文化に精通しつつ、日本人ならではの繊細な美意識と瑞々しい感性で独自の世界を描き出す料理は、若手シェフの登竜門である数多くのコンクールでも高く評価されている。
2005年 エコール辻 大阪(フランス・イタリア専攻科)卒業
2006年 エコール辻フランス校(レストランジャック・デコレ研修)
2006年4月〜2009年 9月 シャトーレストラン「ジョエルロブション東京」(ミシュラン三つ星)
2009年11月〜2011年4月 ホテル レストラン「シャビシュー」(ミシュラン二つ星、仏・クーシュベル)魚料理の部門長
 2011年5月〜2012年6月 レストラン 「ヴィラアルシャンジュ」(ミシュラン二つ星、仏・カンヌ)肉料理の部門長
2012年8月〜2015年6月 レストラン 「ルドワイヤン」(ミシュラン三つ星、仏・パリ)全部門の部門長
2015年6月〜2015年12月 レストラン「タブレット」(ミシュラン一つ星、仏・パリ)副料理長
2016年2月〜2016年12月 レストラン「ネージュデテ」(ミシュラン一つ星、仏・パリ)
2016年12月〜2019年1月 フォーシ-ズンズホテル ジョルジュサンク パリ、レストラン「ル・サンク」(ミシュラン三つ星、仏・パリ) 副料理長・メニュー開発総責任者
2019年5月20日 フォーシ-ズンズホテル京都 レストラン「ブラッスリー」料理長に着任

受賞歴
2014年 RED U-35 ブロンズエッグ 受賞
2015年 RED U-35 シルバーエッグ 受賞
2015年 サンペレグリノ ヤングシェフ フランス国内選考ファイナリスト
2016年 RED U-35 シルバーエッグ 受賞

フォーシーズンズホテル京都 メインダイニング、レストラン「ブラッスリー」
フォーシーズンズホテル京都 メインダイニング、レストラン「ブラッスリー」

 
レストラン「ブラッスリー」について
2016年10月に開業したフォーシーズンズホテル京都は、平家物語にも記された800年の歴史を受け継ぐ名庭「積翠園」擁するラグジュアリーホテルです。ホテル1階に位置する「ブラッスリー」は、高さ9メートルの大きな窓からその名庭を見渡し、店内にはスタイリッシュな空間が広がります。庭園を見渡すテラスを備えたその開放的なインテリアデザインは、「Kokai Studios(コカイ・スタジオ)」によって手がけられ、国際的なインテリア専門誌「INTERIOR DESIGN(インテリアデザイン)」におけるベスト・オブ・イヤーアワード、ホテルダイニング部門において2017年のショートリストに選ばれています。
 
席数:190席(テラス56席を含む)
営業時間: 朝食 7:00~10:30、ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:30~22:00
 
 
フォーシーズンズホテル京都 
https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE