ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小誌 長嶋宏明 酒のSP  ルイ13 世がNFC 搭載の「スマートデキャンタ」を発表  個体識別とユーザーのソサエティ化進める
小誌 長嶋宏明 

酒のSP  ルイ13 世がNFC 搭載の「スマートデキャンタ」を発表  個体識別とユーザーのソサエティ化進める

【週刊ホテルレストラン2019年08月23日号】
2019年08月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴァンサン・ジェレ  ルイ13 世アジア・パシフィック統括ディレクター
ヴァンサン・ジェレ  ルイ13 世アジア・パシフィック統括ディレクター

 
デキャンタ所有者による
メンバーズクラブ、専用サービスの提供

 
フランスのコニャック「レミーマルタン」(Remy Martin)の最上級キュヴェである「ルイ13 世」(Louis XIII)が一つの転換期を迎える。1874 年に誕生して以来、すべての原料にグラン・シャンパーニュ産のブドウを用い、1200 種類の原酒をブレンドしたプレステージ・コニャック。その熟成は100 年を超え、4世代にわたるセラーマスターによって創り出される。常に市場の最上位に君臨するコニャックに、最新のデジタル技術が搭載されるというものだ。
 
「スマート・デキャンタ」と名付けられた新しいルイ13 世は、デキャンタ(正確にはコルク栓)にNFC(Near FieldCommunication /近距離無線通信)技術が搭載されたもの。同じくNFC に対応するスマートフォンをかざすことで、ルイ13 世の専用サイト「ルイ13 世ソサエティ」にアクセスできる。このソサエティは、デキャンタの所有者が会員登録することで専用のコンテンツやサービスが提供されるメンバーシップクラブとして機能するほか、世界のどこでルイ13世が飲めるか、またユーザー自身がどこで楽しんだかという記録をすることもできる。
 
また、デキャンタや専用グラスへの刻印、さらに既存会員であるメンバーがルイ13 世を贈答するときに、贈られた者がNFC をスキャンするとメッセージが表示されるというサービスも可能になるという。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE