ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年12月18日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~
2020年12月18日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

203 自分たちの技能を集客する商品に凝縮して打って出る

【週刊ホテルレストラン2020年12月18日号】
2020年12月15日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来店の原動力となる「集客商品」を作れているか

 あるホテルで開催されていた「オーダーバイキング」に、お客さまが集まっていた。地域の老舗ホテルのレストランでのイベントに、地元の主婦グループ、年配男性の懇親会、会社帰りの懇親会、宿泊客、親子連れと客層を問わずにぎわっていた。カキ、ステーキ、刺し身、煮つけ、プリンなど約80 種類の洋食、和食。中華、デザートは、どれを取っも質が高い。

 レストラン事業の部長と話していたときに「ホテルが本気で地域を攻めてきたら脅威だ」と彼は言っていた。シェフがいるレストランに、料理に質の高さがあるからだ。しかし、待ちか攻めかで区分けをしたら、待ちの商売をしているのが、ホテル内にあるレストラン。「そのままでいてくれればうちは助かる」というのがレストラン事業部長の本音であった。

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。(株)船井総合研究所を経て、2004 年(株)スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)、『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

ご意見・ご質問お待ちしております
okamura-kouichiro@scholar.co.jp

週刊ホテルレストラン最新号
2021年03月05日号
2021年03月05日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 2020年 日本のホテルチェーングループ一覧
【トップインタビュー】
際コーポレーション(株)  代表取締役会長兼社長 中島 武氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE