ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2023年7月7日号 全国縦断マーケット調査 埼玉県
2023年7月7日号 全国縦断マーケット調査 埼玉県

全国縦断マーケット調査 埼玉県

【月刊HOTERES 2023年07月号】
2023年07月06日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さきたま古墳公園

さきたま古墳公園は、当県行田市にあり、当県の北東部の穀倉地帯に位置する。江戸時代は忍藩十万石の城下町で行田足袋の産地としても有名。同時にこの地には全国的にも有力な古墳が存在することで知られている。埼玉(さきたま)古墳群とよばれ、6~7世紀に造られたと推定される。最も大きいのは稲荷山古墳で、全長 120mの前方後円墳で鉄剣が出土している。これと並んで大規模なのは、丸墓山古墳で直径 105m、円墳として日本では最大とされる。規模の大きさなどから、日本書紀によると634年、安閑天皇より武蔵の国造りに任命された笠原氏に関連する墓ではないかと推定されている。当地にはこのほか、二子山古墳、将軍山古墳、鉄砲山古墳など、11の古墳が点在している。現在この古墳群は世界遺産への登録が進められている。日本の歴史公園 100選に選定された。県内外からの観光客も多い。

県民分配所得は全国第5位

埼玉県の面積は 3797.8km2で全国 39位と、滋賀県より小さく、奈良県より大きい。人口は 738.6万人で全国第 5位。千葉県より大きく、愛知県より小さい。年齢構成をみると、14歳以下の幼年人口は 11.9%、15~64歳の生産年齢人口は 61.4%、65歳以上の老年人口は 26.7%で、全国と比較すると、15~64歳の生産年齢人口比率がやや高い。県民分配所得は 22.3兆円で全国第 5位。一人当たり所得は 303.8万円であり、全国で徳島県に次いで 18位となっている。産業別構成比をみると、第 1次産業は 0.4%、第 2次産業は 25.5%、第 3次産業は 74.1%で、全国平均と比べると第 2次産業比率が高い。工業出荷額は 13.8兆円で全国第 6位、人口当たりは 186.2万円で全国 34位となっている。

ホテル旅館客室数伸び率は平均を上回る

飲食店数は 14年で 25484店。内訳をみると、食堂・レストランが 1734店で 6.8%、専門料理店が 8241店で 32.3%を占める。その中で多いのは中華料理店の 3117店で 12.2%を占める。次いで日本料理店が 2283店の 9.0%と続いている。そのほか、すし店が 1054店(4.1%)、そば・うどん店が 2249店(8.8%)となっている。また遊興飲食店のバー・キャバレー・ナイトクラブは2506店(9.8%)、酒場・ビアホールは6812店(26.7%)と多く、両者で 36.5%を占める。以上のほか喫茶店は 1725店(6.8%)、ハンバーガーなどその他の飲食店は 1089店(4.3%)である。09年調査から飲食店が分離された「持ち帰り・配達・飲食サービス業」は 2380店である。ホテル・旅館の施設数は 19年で 688軒、客室数は 2万 4504室で、2011年からの伸び率をみると、施設数は全国の▲ 9.9%に対して当県は▲12.1%の伸び、客室数は全国の 11.5%に対して当県は 14.9%と平均を上回っている。

----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入をお願い申し上げます。
 
2023年7月7日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
----

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE