ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【ホテル・レストラン関係者40席限定】12/1開催 2022「GI山梨」試飲・展示会・参加申込受付中!

【ホテル・レストラン関係者40席限定】12/1開催 2022「GI山梨」試飲・展示会・参加申込受付中!

2022年11月24日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2022
「GI山梨」試飲・展示会 開催概要】
開催日時: 2022 年12 月1 日(木)午後1時30分~3時(入退場自由)
開催場所: BVLGARI
Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar
    東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー 8F TEL:03-6362-0555

お問い合わせ: (+81)  03-3538-1001 
(株式会社オータパブリケイションズ 義田・高実子)

対象:ホテル・レストラン関係者
参加申し込み: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbzI
SQNOoqIESTkhN7GocFloGPiubjBJNwLKpFC3nB5ACydw/viewform


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度12月1日(木)に、「GI山梨」認証を受けた山梨の日本酒を体験していただきたく、銀座の「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」にて、試飲商談会を行うことになりました。
 
昨今、インバウンドのゲストが増えてきている中で、自国の酒についての知識を深め、造り手の意図や背景を理解したうえで、その酒をゲストにサーブすることは、サービスの質を高め、自社のブランド価値を高めることに直結します。今、自国の酒について学ぶことは、必要不可欠であると我々週刊ホテルレストランは考えます。
 
そんな日本酒において、シャンパーニュのような瓶内二次発酵のスパークリング日本酒やエイジングした熟成古酒など、これまでにない付加価値が魅力の日本酒も続々とでてきており、我々ホテル・レストラン業界において無くてはならない存在になりつつありますが、
昨年初めて、山梨県内の7蔵の日本酒33銘柄が、地域の風土と結びついた特産品を保護する国の制度「地理的表示(GI)」に認定されました。これはワインで言えばボルドー、チーズで言えばゴルゴンゾーラなど、今後世界に対して「SAKE」という共通言語で広めていく幕開けとも言えます。
 
イベント当日は、GI認定を受けた山梨県内7蔵の日本酒33銘柄の日本酒はもちろん、山梨の食材を使用したフィンガーフードとのペアリングもお楽しみいただけます。さらに山梨の水系によっても水の味わいが異なることから、種類の異なる仕込み水もご用意しております。ぜひその違いをご体験ください。
またセミナーでは、2014年に行われた「第4回世界利き酒師コンクール」でグランプリを獲得した、コンラッド東京 北原康行ソムリエによる特別セミナーも予定しております。
 
日頃の接客に生かして頂ける、気づきと発見が盛り沢山の内容となっております。
ぜひお越しください。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ: (+81)  03-3538-1001 
(株式会社オータパブリケイションズ 義田・高実子)
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE