ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • データファイル  全国61都市ホテル稼働率・パフォーマンス速報 17年2月発表  関東エリアや東海で稼働率伸び悩み
データファイル 

全国61都市ホテル稼働率・パフォーマンス速報 17年2月発表  関東エリアや東海で稼働率伸び悩み

2017年03月13日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年2月における全国のホテルパフォーマンスについて集計がまとまった。
 
 2017年2月の全国の平均客室稼働率は70.3%で、対前年同月比で0.4ポイント減。定員稼働率は79.2%で0.4ポイント減少した。
 またADRは10,099円で対前年同月比同。
 結果RevPARは8,029円で対前年同月比0.9ポイント減となった。
 
関東エリアや東海では引き続き稼働率が伸び悩んでいる。また、昨年2月にあった旧正月(中国・春節)が1月末にずれこんだことと、昨年2月がうるう年であったことなどもあり、多数のエリアでADRを伸ばすことに苦戦しRevPARベースでは減少結果となった(17年通年RevPARではプラスで着地)。なお、16年時は12月間のうち16年9月時を除き11月間でRevPARは伸長していた。

 
【北海道エリア】88.4%(0.8ポイント減少)
千歳は「冬季アジア大会」。札幌は「インバウンド増加、ツアーのファミリー層より個人手配の割合が高くなりつつある」、「大型イベント関係の集客(冬まつり、冬季アジア大会)、春節のインバウンド需要」、「ADR 重視により、稼働率をおさえたため」。函館は「WEB 予約好調、インバウンド増加」。
 

「全国稼働率調査」記事詳細は3月24日号にて。本誌では実際の各地域の稼働率、前年同月比、各エリアでの同月の特色などのほか、ADR動向を掲載している。
 
ご注文フォームはこちら
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE