ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • Tourism and Bridal Market Data  観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル  《前橋市編》
Tourism and Bridal Market Data 

観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル  《前橋市編》

【週刊ホテルレストラン2017年07月14日号】
2017年07月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取り上げるのは群馬県の県庁所在地である前橋市。同市は平成の大合併を経て規模を拡大し、2009 年には県内で初の中核都市へと移行した。また、群馬県の行政や文化における中心都市として機能している。以下に前橋市のマーケットポテンシャルとともに、群馬県のマーケット、さらに観光マーケットを見ていこう。
文殊リサーチワークス http://monju-rw.com
 
 

  1. マーケットポテンシャル
 
 群馬県は前橋市一極集中の県ではなく、多極構造となっている。行政や文化を担う前橋市、都心部への交通の要衝、商業の中心都市である高崎市、SUBARU の企業城下町で工業が盛んな太田市、織物業などが盛んな伊勢崎市、桐生市などが点在し都市によりその機能は差別化されている。
 
 前橋市は人口33 万4881 人(2016年3 月末)を擁する中心都市である。これは群馬県人口の17.1%のシェアを占めている。前橋市以外の県内市部を見ると、高崎市が37 万1148 人、シェア18.9%で県内第1 の人口規模を有する都市であり、前橋市は県庁所在地でありながら高崎市の後塵を拝している。それに続いて太田市が21 万4095 人、伊勢崎市が20 万1231 人、桐生市が11万5332 人となっており、これら5 都市が県内において人口10 万人以上を有しており、比較的人口ボリュームのある都市が存在していることから県内人口は分散傾向にある。群馬県において高崎市と前橋市の2 市の人口規模が突出して高く、県内のマーケットの軸になっていることが分かる。(図表1)
 
 過去5 年間の人口増加率(16 年/11 年)を見ると、前橋市は▲ 1.4%の減少となった。県内市部はおおむねマイナストレンドであるが、太田市が0.8%、伊勢崎市が0.5%、高崎市が0.1%と微増傾向にある。これら3 市は県南部に位置しており、都心へのアクセスが至便な都市において成長が見られる。減少幅の大きい都市を見ると、桐生市が▲ 5.9%で最も高く、次いで沼田市が▲ 4.8%、渋川市が▲ 4.8%、安中市が▲ 4.5%、富岡市が▲ 4.2%であり、主に県中央~北部での人口減少が顕著であることが分かる。
 
 前橋市の年齢構造を見ると、若年人口比率は18.5%、適齢期人口比率は23.8%であり、若年人口比率は全国レベル(18.0%)を上回り、適齢期人口比率は全国レベル(25.1%)を下回る結果となった。その他の県内市部の若年人口比率を見ると、おおむね全国レベルを上回っている都市が多く、その中でも伊勢崎市が20.4%、太田市が19.9%、みどり市が19.4%、高崎市が19.0%と高い。県全体の若年人口比率も18.6%と全国レベルより高いことから、広域的に若いマーケット存在しているといえるだろう。
 
 一方、適齢期人口比率は伊勢崎市が26.2%、太田市が26.2%とこの2 市が最も高く全国レベルを上回り、それ以外の都市はいずれも全国レベルを下回る結果となった。高崎市の適齢期人口比率は24.6%となっており、前橋市と比較するとやや高くなっている。
 
 群馬県市部の高齢者人口比率(65歳以上人口比率)を見ると、おおむね全国レベルを上回っているが、30%を超えるような高齢化が顕著に進展している都市は見られない。
 前橋市の将来推計人口を見ると、すでに減少フェーズに移行しており、2030年ごろには2010 年ベースの約10%の減少になると推計されている。
 県内市部を見ると、伊勢崎市は2020年ごろまでは2010 年ベースを維持すると見られており、以降も減少ペースは緩やかである。高崎市と太田市も比較的人口規模を維持できる。それ以外の都市は前橋市と同じく減少フェーズに突入しており、2030 年ごろにはおおむね10 ~20%の減少と推計された。
 
※都市勢圏と商業ポテンシャル、観光・ブライダルマーケットの分析、「群馬県市部の人口マーケットトレンド」「群馬県市部の年齢構成」「群馬県市部の将来推計人口」「都市勢圏」「拠点性と流入傾向」「群馬県市部の婚姻マーケットトレンド」「群馬県の観光目的日帰り・宿泊比率」「群馬県の感虚妄的県内・県外比率」「群馬県の観光消費額単価」「国籍別訪日外国人の群馬県への訪問率」など図表や詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
ご注文フォームはこちら
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE