ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020 年に向けて! 国内外の文化、行事をカタチに  連載 13  ハロウィーンと死者の日
2020 年に向けて! 国内外の文化、行事をカタチに 

連載 13  ハロウィーンと死者の日

【週刊ホテルレストラン2017年08月18日号】
2017年08月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■本来秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すためのキリスト教の行事ですが、近年特に日本国内では、仮装をして街を歩くイベントなども多く、仮装をする日の様な捉え方をされています。日程は毎年10/31(今年は火曜日)なので、その前後の土日でのイベントが盛んです。ハロウィーンとは別に、メキシコ及びラテンアメリカ諸国では、死者の日という祝日が有ります。死者の日に、家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う日とされ、祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である11 月1 日と翌日2 日に行われます。
地域によっては、10 月31 日の晩も前夜祭として祝われ、カボチャや仮装というアイテムからしてもハロウィーンとの共通点の多い祝日です。
日本でも商業施設やホテル、そして一般家庭でも、この時期のハロウィーン装飾は年々需要が増えています。
カボチャを刳り貫いたものや、オバケ、蜘蛛の巣、コウモリ等のモチーフを用いたフォトスポットやフォトジェニックな食べ物、遊び心のある空間づくりが販促効果を生み出すキーワードとなります。

■プロジェクションマッピングと装飾の提案「IMAGICAL SCAPE」のハロウィーン提案

■ハロウィーン商材

グリーンディスプレイでは、海外から独自でセレクトしたハロウィーンの装飾品も多数提案致します。
 
㈱グリーンディスプレイでは、植物をあつかった演出や、国内外のシーズン装飾を全国にて提案/施工しております。詳細は下記サイトまで。
 
㈱グリーンディスプレイ
URL: http://www.green-display.co.jp/

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE