ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP 次世代に向けたプロセッコDOC セミナー 亜細亜大学で開催
酒のSP

次世代に向けたプロセッコDOC セミナー 亜細亜大学で開催

【週刊ホテルレストラン2018年09月21日号】
2018年09月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナーに参加した亜細亜大の学生とプロセッコ生産者、インポーターたち
セミナーに参加した亜細亜大の学生とプロセッコ生産者、インポーターたち

浴衣で参加の学生多数
これからの飲酒世代に向けて
 
 プロセッコDOC ワイン保護協会は7 月4 日、大学生に向けたワインセミナーを亜細亜大学で開催。同学の学生と教員が参加し、来日した生産者によるプレゼンテーションを聞きながらスパークリングワインにおけるプロセッコの特徴、個々の味わいの違いなどに親しむ時間を設けた。
 
 このイベントは、同協会が8 月に行なったレストランプロモーションの発表会および業界向け試飲会といった一連のイベントとともに行なったもの。若い世代との親和性の高いプロセッコを、これからの本格的な飲酒世代である大学3、4 年生に向けて体験してもらう機会とすることを目的に初めて開催した。
 
 セミナーには、同学の重太みゆき教授のゼミ生が浴衣姿で参加。会場が華やいだことはもちろん、ホスピタリティー業界を志す学生たちのコミュニケーション力によって、生産者やインポーターと次世代消費者層との和やかなひと時が続いた。
 
 セミナーは企画・運営を小誌「酒のSP」が行ない、亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科と横山文人准教授の協力により実施した。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第七回  (株)横浜君嶋屋 売れるか売れないかではなく「飲み続けられる酒」を基準に選ぶ
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
CLOSE