ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • コロナウイルス関連レポート 【COVID-19】ホテルなど観光業への各国政府・自治体支援まとめ
コロナウイルス関連レポート

【COVID-19】ホテルなど観光業への各国政府・自治体支援まとめ

2020年05月28日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HOTERESスタッフがお届けする新型コロナウイルス関連のニュース。今回は栗山が各国・自治体の事業者へ向けた措置について、ホテル業界を中心に観光業へ向けた支援策をお送りいたします。

北米

アメリカ合衆国 カンザス州「サービス産業への低金利融資」
 
総額500万ドルで、レストラン、バー、ホテルなどのサービス産業を対象に最大2万ドルの融資を提供するもの(36か月間は無利子)。同基金は既に応募多数で上限に達し、融資の受付は締め切りましたが、情報収集のためにオンラインでの申し込み提出は受け付けています。

カナダ アルバータ州「観光産業における減税措置(Tax relief for tourism industry)
ホテルや他の宿泊施設業者は8月31日まで観光税の支払いを遅らせることができるようになりました。

アジア

タイ政府
工場、小売店、ホテルその他の観光関連ビジネスについて、同国の観光スポーツ省・農業協同組合省・商務省・労働省・工業省が、「ビジネス支援措置・雇用維持措置」を導入すると発表しました(2020年3月17日)。
 
インドネシア政府 「財務大臣規程2020年第44号」
半年間の特別減税を定めた3月23日付け「財務大臣規程2020年第23号」を改定したもので、対象をこれまでの製造業から卸売・小売・建設・倉庫・ホテル・レストランなど非製造業、および保税工場・倉庫等の保税ライセンス保有者などに拡大しています(2020年4月27日)。
 
 
ミャンマー
 
ミャンマーホテル・観光省「事業ライセンス費用免除」
観光事業(ホテル、旅行代理店、ガイド、ホステル)のライセンス取得料、更新料を2020年4月1日~2021年3月31日の期間免除すると発表しました(2020年4月16日)
 
ミャンマー計画・財務・工業省「新型コロナウイルス感染症(COVID19)基金の設立」
最も大きな影響を受けると予想される縫製業、ホテル・観光業及び中小企業への緊急低利融資を発表しています。融資総額は1,000億チャット(約77億円)、金利は年利1%で融資期間は1年間。融資申請時期は3月29日~4月9日でミャンマー商工会議所連盟及び州・管区の商工会議所が受け付けました。
 
さらに同省は、「法人税・商業税の納付期限延長」により縫製業、ホテル・観光業、中小企業を対象に法人税および商業税の納付期限を延長すると発表。四半期ごとに納める法人税は第2四半期分(3月31日納付期限)、第3四半期分(6月30日納付期限)をいずれも9月30日納付に延長します。毎月末納める商業税に関しては、3月31日~8月31日納税分を全て9月30日納付に延長となります。(2020年3月18日)

オーストラリア

ニューサウスウェールズ州政府「経済支援策第2弾
給与税支払い猶予、クラブ・パブ・ホテル等に対するゲーム税等の支払い猶予などを提供(2020年3月27日)



 
出典:日本貿易振興機構(JETRO)

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月10日号
2020年07月10日号
本体1,650円(税込)
【特集】ニューノーマル 断密・健康オフィスの勧め
【トップインタビュー】
i+Land nagasaki 総支配人 浅田 資継 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE