ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年6月26日号 2020年4月の外食産業市場動向
2020年6月26日号 2020年4月の外食産業市場動向

日本フードサービス協会 2020年4月の外食産業市場動向

【週刊ホテルレストラン2020年06月26日号】
2020年06月25日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外食全体の売り上げ前年比60.4% 調査開始以来最大の下げ幅に 日本フードサービス協会

 4 月は、新型コロナウイルスの影響を前月以上に大きく受け、深刻な事態となった。7 都府県を対象に発令された7 日の「緊急事態宣言」が16 日には全国へと拡大され、外食店舗は全国的に営業時間の短縮を要請された(おおむね営業時間は朝5 時から夜8 時まで、酒類の提供は夜7 時まで)。このため休業する店舗も増え、また営業を続ける店舗でも、外出自粛の中での時短営業により客数が大幅に減少、4 月の外食全体の売り上げは前年比60.4%と、当調査開始以来最大の下げ幅となった。中でもパブは前年比4.1%、居酒屋は9.7%と一けた台、またディナーレストランは16.0%、喫茶は27.6%とそれぞれ壊滅的な打撃を受けた。

 業態別では、ファストフード(FF)業態は商業施設立地の店舗で休業するところもあったが、多くは時間短縮の中で営業を続けた。FF は他業態に比べてテイクアウト、宅配、ドライブスルーなどの「持ち帰り」需要に対応する基盤が整っており、全体売り上げは84.4%に踏みとどまった。

 ファミリーレストラン業態は、持ち帰り需要を取り込むための努力も見られたが、もともと店内飲食が中心の業態のため、売り上げ全体をカバーするほどの効果はなく、全体売り上げは40.9%と前年を大幅に下回った。

 飲酒業態は、「営業は夜8 時まで、酒類提供は夜7 時まで」と要請する自治体が多い中、多くの店舗が休業に踏み切った。一部でランチ営業を行なう店舗もあったが、全体的に見れば事実上の活動停止状態で、「パブ・ビアホール」は売り上げ4.1%、「居酒屋」は9.7%と壊滅的な打撃を受けた。

 ディナーレストラン業態も、営業時間等の制限で休業せざるを得ない店舗が多く、売り上げは16.0%となった。
 喫茶業態は商業施設立地の店舗での休業に加え、ビジネス街立地の店舗でも多くが休業し、売り上げは27.6%となった。


----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
2020年6月26日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
 
電子版(ブラウザ版PDF)購入はこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php

----

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月10日号
2020年07月10日号
本体1,650円(税込)
【特集】ニューノーマル 断密・健康オフィスの勧め
【トップインタビュー】
i+Land nagasaki 総支配人 浅田 資継 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE