ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【ウェビナー】つぶれるホテル・旅館とならないために必要なこと
HOTERESウェビナー

【ウェビナー】つぶれるホテル・旅館とならないために必要なこと

2020年11月08日(日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
【ウェビナー】
  つぶれるホテル・旅館とならないために必要なこと
 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 

新型コロナウィルスの影響で、ホテル・旅館を中心とした宿泊業は大きなダメージを受けました。
それによって破綻した企業も出ています。
 
雇用調整助成金やGo To トラベルのおかげもあって足下では少しずつ需要の回復は見えるものの、それらが終了した後は集客、財務、双方での不安は拭えません。
 
複数の識者からは、今後、さらに破綻する企業は増えるだろうという見立ても出ています。
 
 
ホテルや旅館は、これから何をすべきなのでしょうか?
 
本セミナーでは、不動産鑑定士、大手コンサルティングファームにてファイナンシャルアドバイザーとして活躍した後に、現在は自身でも高級旅館から低単価旅館まで4施設を再生後に経営しながら多くのホテルや旅館のコンサルティングも手掛けるというユニークな経歴を持つ(株)リアルクオリティの代表取締役 小林豪氏を講師に迎え、オペレーション、財務など幅広い視点でお話しをいただきます。
 
具体的事例は旅館が中心となりますが、本質的な課題はホテル・旅館双方に通ずるものです。
また、資金調達など具体的な事例もお話しいただけます。
 
ホテルや旅館の経営者含むマネジメントの方、金融機関の方にも興味深く聞いていただけるお話しとなるはずです。ぜひご参加ください。
 
【コンテンツ】
※ご参加の皆さまのご要望などを踏まえ一部変更することがあります。
 
1.コロナだけではない。ホテルや旅館の危機がなぜ起こっているのか
  ⇒ 過去約10年の歴史とデータから分析する構造的原因
  ⇒ 2018-19年問題と需給バランス
  ⇒ 今後のホテルマーケット予測   ほか
 
2.潰れるホテル・旅館が持つ共通点
⇒ 資金対策は大前提
⇒ その事業計画、投資計画は実現可能か?  ほか
 
3.潰れないホテル・旅館になるために必要なこと
  ⇒ 「ここまでやるか」。コストとリターンを徹底的に検証した投資計画
  ⇒ 軽々しい「AI」や「IoT」といった発想は実現しない  ほか
 
4.これからの時代を生き残るための思考回路
  ⇒ 事例で見る危機の乗り切り方
  ⇒ コロナ危機を乗り切るポジションチェンジ
  ⇒ 発想の転換によるオペレーションの考え方  ほか

 
【講師】
株式会社リアルクオリティ 代表取締役 小林 豪 氏

プロフィール:
1974年生まれ。大手不動産鑑定事務所で勤務しながら日本最年少で不動産鑑定士の資格を取得。
その後大手監査法人系コンサルティング会社KPMG FASの旅館・ホテルチームの立ち上げ時に参画。
在職中はホテル・旅館再生、経営改善などの業務のほか、マーケット分析、キャッシュフロー分析、事業分析等に携わる。コンサルタントとしてホテルや旅館に携わりながらも、外部コンサルタントとしての経営関与への難しさなどを感じ、2005年に(株)リアルクオリティを設立。ホテル・旅館に関するより距離の近い、具体的なコンサルティングや、マーケットレポート等をしている中で出会った複数の旅館を自ら経営するに至る。その経験を経て、ホテルや旅館が直面するより具体的、現実的な課題、改善手法を取得し、それをコンサルティング業務にも生かしている。
 
【ウェビナー概要】
日 時:2020年11月19日(木) 15時半~17時
参加費:4000円(週刊ホテルレストラン定期購読企業の方は3000円)※税込み
定 員:500名 ※どなたでもご参加いただけます。
使用ツール:ZOOM(事前にアカウント登録をお願いします。)
 
【申し込み】
以下フォームよりお申し込みください。
その後、(1)入金方法のご連絡 ⇒ (2)入金確認後に参加方法のご連絡となります。
https://jp.surveymonkey.com/r/SURVIVE_HOTEL_RYOKAN



 
 

 
 
 
 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年11月27日号
2020年11月27日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 総売上高から見た日本のベスト300ホテル【プロフ…
【トップインタビュー】
ザ・リッツ・カールトン日光 総支配人 細谷真規氏/ ザ・リ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE