ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • (株)ホテルオークラ 上海市の佘山地区にて、280室規模で24年オープン
(株)ホテルオークラ 上海市の佘山地区にて、280室規模で24年オープン

ホテルオークラ 上海市の佘山地区にて、280室規模で24年オープン

【週刊ホテルレストラン2021年09月17日号】
2021年09月15日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (株)ホテルオークラ(本社・東京都港区)は 24年、中国上海市にて全 280室予定の「ホテルオークラ上海佘山」をオープンする。
  同社は国内で 53ホテル、海外で 25ホテルを運営しており、上海地区では 1990年に開業の「オークラガーデンホテル上海」、2010年開業の「ホテル・ニッコー上海」に次ぐ 3軒目となる。
 
 同ホテルは建設業・不動産開発等の事業を手掛けるデベロッパーの上海城建建設実業集団投資有限公司(本社・中国上海市)との運営管理契約を 20年 8月 31日に締結し展開するもの。

 佘山地区は上海市中心部より南西約 30kmの上海市松江区内に位置し、市内唯一の自然山林名勝地区として、佘山国家森林公園をはじめとした豊かな自然が残る場所である。
 西佘山に立つ佘山聖母大聖堂に代表される歴史的な建造物や、上海天文博物館、.山恐竜園などの施設があり、歴史文化と自然を楽しむことができ、上海市から最も近いリゾート地である。

 建物は地上 2階・地下 3階建てで客室数は全 280室の予定。客室平均面積は約50m2、料飲施設は日本料理、オールデイダイニング、中国料理、ロビーラウンジなど。付帯施設は宴会場、会議室、フィットネス施設、スパ施設などにて展開する。

 

敷地面積約 4万m2の立地内でオープン
敷地面積約 4万m2の立地内でオープン

週刊ホテルレストラン最新号
2021年09月24日号
2021年09月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】産学連携の強化で、社会と自社課題を解決する!
【トップインタビュー】
Zentis Osaka 総支配人 安井 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE