ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • センチュリオン ホテルグループ  福井・テクノポートにリゾート&スパ開業 ――会議・研修を重視した未来志向の「Centurion Hotel Resort&SPA」
センチュリオン ホテルグループ  福井・テクノポートにリゾート&スパ開業

――会議・研修を重視した未来志向の「Centurion Hotel Resort&SPA」

【週刊ホテルレストラン2017年02月24日号】
2017年02月24日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地上8階建て。30年前に半官半民で建設され、堅牢で豪華。ロビー周りには大理石がふんだんに使用されている。地元の名士が中心となって工業団地「テクノポート福井」のために建設されたもの
地上8階建て。30年前に半官半民で建設され、堅牢で豪華。ロビー周りには大理石がふんだんに使用されている。地元の名士が中心となって工業団地「テクノポート福井」のために建設されたもの

センチュリオン ホテルグループ(代表梁川俊雄氏)では次々とホテル展開を続けているが、このほど福井県に2ホテルを開業した。テクノポート福井(福井臨海工業用地等造成事業)の中に1店舗(センチュリオン ホテルリゾート&スパ)、福井駅前に1店舗(センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店)の2カ所。テクノポート福井は福井市および坂井市にまたがる福井県最大の工業団地で、日本海側の中央に位置する、近畿圏・中部圏から非常に近い工業団地。テクノと福井駅前ともに既存宿泊施設を取得し、センチュリオンスタイルに大幅リニューアルした。今回の開業でセンチュリオン ホテルグループは16店舗となった。

数千万円を投資した福井県では珍しい光のページェント。入り口から中庭まで数万個のLEDを使用。夜の雰囲気づくりに好評
数千万円を投資した福井県では珍しい光のページェント。入り口から中庭まで数万個のLEDを使用。夜の雰囲気づくりに好評
コンベンションホール「エメラルド」。宴会、会議室、結婚披露宴など多目的に利用可能
コンベンションホール「エメラルド」。宴会、会議室、結婚披露宴など多目的に利用可能
大宴会場、黄金の間「青海」。100畳もあり宴会・忘新年会のほか、会議としても利用可。天井は目黒雅叙園の天井を参考
大宴会場、黄金の間「青海」。100畳もあり宴会・忘新年会のほか、会議としても利用可。天井は目黒雅叙園の天井を参考
宿泊者および外来も利用可の食事処「松園」
宿泊者および外来も利用可の食事処「松園」
フロントロビー。天井までの一面総ガラス張りが庭園景観をより一層引き立てる。床、壁が総大理石の豪華さ。当時30億円を投資して建設
フロントロビー。天井までの一面総ガラス張りが庭園景観をより一層引き立てる。床、壁が総大理石の豪華さ。当時30億円を投資して建設
ゆったりとした庭園。左がフロントロビー。夜は光のページェントで幻想的な空間になる
ゆったりとした庭園。左がフロントロビー。夜は光のページェントで幻想的な空間になる

 
 センチュリオン ホテルリゾート&スパ(56室)は昨年11月11日にオープン。ファミリー客、カップルなどの観光客を主なターゲットとし、また330㎡もあるコンベンションホールと180㎡(100畳)の大型宴会施設のほか中小宴会場も充実しており結婚式、会議・研修などにも対応できるホテルとして注目されている。
 
 売上額は以前と比べ約2倍で推移している。壁、床、天井などを張り替えたほか、サービスをセンチュリオンスタイルに変え、さらに大浴場を午後10時に閉めていたのを24時間に変更したことなどが功を奏したからと分析している。投資額は3億円。年間稼働率目標は80%。年間売上目標は4億8000万円。
 

和洋室。寝具は高級和布団を使用。スランバーランド社製のベッドを使用したプレミアム洋室ダブル(8室)もある
和洋室。寝具は高級和布団を使用。スランバーランド社製のベッドを使用したプレミアム洋室ダブル(8室)もある
人工ラジウム温泉の大浴場。ラジウムは体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒が高まる「ホルミシス」効果を持つ。24時間営業。天井などのデザインはセンチュリオンスタイル
人工ラジウム温泉の大浴場。ラジウムは体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒が高まる「ホルミシス」効果を持つ。24時間営業。天井などのデザインはセンチュリオンスタイル

中2階の18mプール。水温30度。ジャグジーやスポーツジム、サウナも併設。営業時間は午前10時~午後10時
中2階の18mプール。水温30度。ジャグジーやスポーツジム、サウナも併設。営業時間は午前10時~午後10時

センチュリオン ホテルグループのレストラン「陽山道」の肉を活用。福井には肉を売り物にするホテルが少ないためあえて肉料理に挑戦
センチュリオン ホテルグループのレストラン「陽山道」の肉を活用。福井には肉を売り物にするホテルが少ないためあえて肉料理に挑戦
カニブッフェで提供されるカニ尽くしメニュー。通期でカニを出せる立地を生かしたメニューが売り物
カニブッフェで提供されるカニ尽くしメニュー。通期でカニを出せる立地を生かしたメニューが売り物
オリエンタルテーブル「沙羅」のエントランス
オリエンタルテーブル「沙羅」のエントランス
「沙羅」。テーブル20席、ほかに個室2カ所。ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼などを提供
「沙羅」。テーブル20席、ほかに個室2カ所。ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼などを提供

 
DATA
センチュリオン ホテルリゾート&スパ テクノポート福井
住所=〒913-0083福井県坂井市三国町黒目22-51-2/☎=0776-81-7010/FAX=0776-81-6116/アクセス=JR芦原温泉駅からタクシーで約20分/客室数=56室(和室・和洋室メイン、最大収容人数250名)/レストラン=オリエンタルテーブル「沙羅」、お食事処「松園」、ガーデン・BBQスペース/会議・研修室=コンベンションホール(330㎡)、会議室兼宴会場(100畳、180㎡)、20名から最大100名まで対応(立食は300名まで)/会議・研修用機材=液晶プロジェクター(パソコン対応)、OHP、ビデオデッキ、スクリーン(1.8×1.8m)、25型テレビモニター、40型テレビモニター、ホワイトボード、ワイヤレスマイク/室内プール(ジャグジーやスポーツジム、サウナも完備)/大浴場=人工ラジウム温泉「翠泉・季泉」/テニスコート/イルミネーションガーデン/売店金沢の有名店「箔一」の工芸品や日用品、福井の特産お土産をそろえている/Wi-Fi=全室対応

 
センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店
JR福井駅から徒歩1分のバスターミナル側に開業した「センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店」。福井では珍しいオールラグジュアリー仕様。客室数は17室。全室32 〜52㎡の広さ。1月10日開業。稼働率目標は90%を掲げ、売上高は年間1億円強を目指す。東京、大阪、名古屋などからのファミリー客、カップルをターゲットにしている。

センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店の外観
センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店の外観
室料は平均2万円。クイーンベッドが2台。エキストラベッドは2~3台入る広さ。土曜日は3万円
室料は平均2万円。クイーンベッドが2台。エキストラベッドは2~3台入る広さ。土曜日は3万円

DATA
センチュリオンホテル ヴィラスイート福井駅前店
住所=〒910-0859福井県福井市日之出2-2-3/☎=0776-63-5835/FAX=0776-63-5836/アクセス=JR北陸本線福井駅から徒歩1分/客室数=17室(洋室・和洋室、最大収容人数100名)/Wi-Fi=全室対応/客室=ミニキッチン完備、部屋ごとによる異なった家具・色調・テーマ、コインランドリー有り
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年05月19日号
2017年05月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテル料飲部門の活性化は婚礼料理の満足度にあり
【トップインタビュー】
リステルグループ 代表 鈴木 裕久 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE