ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特集  民泊とIRの黒船襲来で、観光関連法の針が動き出す
特集 

民泊とIRの黒船襲来で、観光関連法の針が動き出す

【週刊ホテルレストラン2017年09月01日号】
2017年09月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017 年は観光関連法に注目が集まっている。その背景にあるのは、急増する訪日外客数。インバウンドゲストが増えたことで、これまでの日本の観光事情が一変。銀座、築地、新宿などでは、インバウンドゲストで街があふれている。しかし、観光業は喜んでばかりはいられない。今まで気にならなかったことが、訪日外客によって課題山積となってしまったからだ。その多くが、観光関連法が、時代に追い付いていないことに起因する。そこで本号では、あくまで一例となるが、観光関連の法律の動向について、意見を寄せていただいた。
 
 
----
 
HOTERES 9月1日号はこちらでお買い求めいただけます。
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
 
---
 
Contents
■ 総論 観光立国に向けた法整備
■ 寄稿 旅館業法の抜本的改正によって起こる宿泊業革命
財団法人宿泊施設活性化機構 事務局長 伊藤 泰斗
■ 寄稿 ホテル格付けの最新事情
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長/㈱日本ホテルアプレイザル 取締役 不動産鑑定士、MAI、MRICS、CRE 北村 剛史
■ 寄稿 日本版IRに関する若干の考察
GT東京法律事務所 パートナー 弁護士 石川 耕治
■ 寄稿 IRに関する法的問題
西村あさひ法律事務所 弁護士 高木 智宏
■ 寄稿 急務となる食の安全対策と国際標準化
フードコンサルタント 本山 忠広

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ルネッサンス リゾート オキナワ  ロビー、レストラン、客室などを大規模改装、2020年3月リニューアルオープン
ルネッサンス リゾート オキナワ 
CLOSE