ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【IR】インタビュー  スティーブ・オデル氏 クルーズラインは洋上のIR 富裕層は“体験”と“価値”を求める
【IR】インタビュー  スティーブ・オデル氏

クルーズラインは洋上のIR 富裕層は“体験”と“価値”を求める

【週刊ホテルレストラン2017年12月01日号】
2017年12月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーブ・オデル氏
〈プロフィール〉2015 年11 月にノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスのシニア・ヴァイスプレジデント兼マネージング・ディレクターに就任。オーストラリア、ニュージーランド、アジア、南太平洋地区におけるノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスの3 ブランド、ノルウェージャン・クルーズライン、オーシャニア・クルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズのビジネス構築と拡大を統括しています。オデルは30 年以上にわたるクルーズ業界での経験を持ち、2000 年よりオーストラリアにてラグジュアリー・クルーズ・セグメントの会社で上席のポジションに就いていました。前職では、シルバーシー・クルーズの、ヨーロッパ、中東、アフリカ、およびアジア太平洋担当の社長を務め、05 年から07年まで、ICCA(現在 のCLIA /クルーズライン・インターナショナル・アソシエーション・オーストラリア)のチェアマン、さらにアジアクルーズ・アソシエーション(現在のクルーズライン・インターナショナル・アソシエーション・アジア)の取締役会を創設するなど、クルーズ業界に多大なる貢献をしています。

ゲストの好奇心を刺激する船内アクティビティーや、船上のエンターテインメント、そしてラグジュアリーからカジュアルまでそろえた客室に、至高の料理の数々。いわば、クルーズラインは洋上のIR と言っても過言ではない。今回、世界第三位のクルーズグループであるノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス(NCLH)のスティーブ・オデル氏が来日。国内外のクルーズマーケットやアウトバウンドの状況、日本版IR において課題となる富裕層を獲得するためのヒントについて聞いた。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
想いをかたちに  第3回  (株)ビロー 廣瀨 周栄 氏 × (株)アーバンマネジメント 松浦 誠 氏 次のステージを目指すため、良質な基礎行動の習慣化が求められている。
想いをかたちに  第3回  (株)ビロー 廣瀨 周栄 氏 × (株)アーバンマネジメント 松浦 誠 氏
(株)からくさホテルズ  全国で8軒目。2019年11月末開業予定のホテル名決定「からくさホテルグランデ新大阪タワー」
(株)からくさホテルズ 
アコーホテルズ  プルマンブランド日本初出店、 プルマン東京田町 2018 年秋開業予定
アコーホテルズ 
「コーネル大学留学体験記」連載開始インタビュー  ジョンソン・スクールの2年で、リゾートビジネスの最前線で活躍できる知的基盤を構築したい ㈱ホスピタリティオペレーションズ コーネル大学ジョンソン・スクール在学生 大貫 冬斗 氏 × コーネル大学ジョンソン・スクール経営学修士号(MBA) 内藤 信也氏
㈱ホスピタリティオペレーションズ コーネル大学ジョンソン・スクール在学生 大貫 冬斗 氏 × コーネル大学ジョンソン・スクール経営学修士号(MBA) 内藤 信也氏
告知  日本スペシャルティコーヒー協会設立15周年 アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2018」開催迫る!
告知  日本スペシャルティコーヒー協会設立15周年
CLOSE