ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • データファイル コミュニケーション科学研究所 全国縦断マーケット調査  長野県
データファイル コミュニケーション科学研究所

全国縦断マーケット調査  長野県

【週刊ホテルレストラン2018年01月12日号】
2018年01月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
難攻不落の上田城
 長野県の平成28 年の観光入込数は、実人数3909 万人、観光消費額は7319 億円である。28 年はNHK 大河ドラマ「眞田丸」が放映され、全国に信州の眞田一族が脚光を浴びた。そのため、観光地点としては、上田城のある上田市が観光入込数を大きく伸ばした。27 年215 万人から28 年は349 万人へと134 万人の増加となり、観光地点別のランキングは、①軽井沢、②善光寺、③諏訪湖に次ぐ4 位に順位を上げた。上田城は、眞田信繁(幸村)の父、眞田昌幸によって築城され、徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られている。日本百名城二十七番、日本夜景遺産に認定されている。上田城周辺には眞田神社、上田市立博物館などの観光スポットが集まり、桜まつり、眞田まつり、紅葉まつりなどのイベントを中心に観光客が賑わいを見せる。
 
県民分配所得は全国第18 位
 当県の面積は1 万3561.6㎢で全国4 位。新潟県より大きく、福島県より小さい。人口は209.5 万人で全国16 位で、岐阜県より大きく、新潟県より小さい。年齢構成をみると14 歳以下の幼年人口は12.7%、15 ~ 64 歳の生産年齢人口は56.9%、65 歳以上の老年人口は30.4%で、全国と比較すると15 ~ 64歳の生産年齢人口比率がやや低い。県民分配所得は6 兆円で全国18 位。一人当たり所得は282.1 万円であり、全国で
 
 兵庫県に次いで第23 位となっている。産業別構成比をみると、第1 次産業は1.8%、第2 次産業は30.8%、第3 次産業は66.3%で、全国平均と比べると2 次産業比率がやや高い。工業出荷額は5.5 兆円で全国19 位、人口当たりでは256 万円で全国17 位となっている。
 
ホテルは軒数・客室とも停滞
 
 飲食店数は14 年で1 万1177 店。内訳をみると、食堂レストランが1532 店で13.7%、専門料理店が3073 店で27.5%を占める。その中で多いのは中華料理店の985 店で8.8%を占める。次いでその他の専門料理店が960 店の8.6%と続いている。そのほか、すし店が377 店(3.4%)、そば・うどん店が824 店(7.4%)となっている。また遊興飲食店のバー・キャバレー・ナイトクラブは2102 店(18.8%)、酒場・ビアホールは2111店(18.9%)と、両者で37.7%を占める。以上のほか喫茶店は828 店(7.4%)、ハンバーガーなどその他の飲食店は296 店(2.6%)である。09 年調査から飲食店が分離された「持ち帰り・配達飲食サービス業」は1052 店である。ホテル数は15 年で520 軒、客室数は2 万6938 室で、90 年からの伸び率をみると、ホテル数は全国の83.9%に対して当県は45.3%と平均を下回っている。客室数は全国の108.0%に対して当県は80.2%で、これも平均を下回っている。
 
※図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
ご注文フォームはこちら
 
電子版購入はこちら

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年07月20日号
2018年07月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPに沿った衛生管理体制を
【トップインタビュー】
㈱相鉄ホテルマネジメント 代表取締役社長 吉田 修 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE